« アメリカの無人機攻撃、弱いものいじめに対し、パキスタン人、クリントンを批判 | トップページ | イラクにおけるアメリカの“成功”の背後にある現実 »

2009年11月 5日 (木)

ペシャワール爆発の背後にブラックウオーター

Press TV 2009年10月31日 土曜日  01:01:58 GMT

Tarapour20091031042505390
ペシャワールのマーケットでの、自動車爆弾の破壊的な爆発の翌日、破壊されたビルの残骸周辺に集まったパキスタン国民

水曜日、100人以上を殺害したペシャワールでの爆弾爆発は、アメリカの民間警備会社ブラックウオーターのせいだと、パキスタンの親タリバン過激派が主張。

テフリク・イ・タリバンのトップ、ハキムラ・メスードは、ブラックウオーターと幾つかのパキスタン機関が、ペシャワルの混雑した市場での爆弾爆破に関与していたと語った。

最新の報道によると、死亡者数は106人にのぼり、150人以上が負傷したが、救助隊員によると、更に多くの人々が、まだ瓦礫の下に埋もれている可能性がある。死者の大半は、女性と子供だ。

パキスタン軍は、過激派は南ワジリスタン部族地域での敗北に直面している今、一般人を標的にしているのだと語った。

メスードは、その主張を否定し、アメリカの警備会社ブラックウオーターが、幾つかの現地機関と協力して、この攻撃に関与していたのだと語った。

日曜日、テフリク・イ・タリバンの約200人の支持者が、デラ・イスマイル・カーンで、反米デモを行い、ブラックウオーターを非難し、反米スローガンを繰り返した。

ジャマティ・イ・イスラミの地方支部長サラジ・ウル・ハクは、'アメリカの同意の下で'遂行されている、過激派に対するパキスタンの工作は、敵の目的を叶えることになるだけなので、止められるべきだと語った。

「ファイサル・モスクで遂行されたものであれ、カイバル・バザールであれ、全ての爆発は、ブラックウオーターによって実行されたことは確実だ」と彼は語った。

約1,000人の不屈のウズベク人戦士、若干のアラブ人アルカイダとつながったメンバーを含む、10,000人と推定される親タリバン派過激派と、約28,000人の兵士が戦っている。

南ワジリスタンで、過激派が圧力をかけられるにつれ、更なる暴力行為の可能性があると、専門家達は警告している。

FTP/AKM

記事原文のurl:www.presstv.ir/detail.aspx?id=110059&ionid=351020401

---------

Press TVは、イラン国営テレビ。

大惨事を起こして、自国に都合のよい方向にもってゆくのは、わが宗主国のお家芸。

体制側による、テロ行為関連翻訳記事:

大衆に国家を頼らせるべく、無辜の民間人、女性、子供を攻撃せよ「グラディオ作戦」;2005年2月18日l

簡単な10のステップで実現できるファシスト・アメリカ(日本?)

« アメリカの無人機攻撃、弱いものいじめに対し、パキスタン人、クリントンを批判 | トップページ | イラクにおけるアメリカの“成功”の背後にある現実 »

アフガニスタン・パキスタン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335849/33605437

この記事へのトラックバック一覧です: ペシャワール爆発の背後にブラックウオーター:

« アメリカの無人機攻撃、弱いものいじめに対し、パキスタン人、クリントンを批判 | トップページ | イラクにおけるアメリカの“成功”の背後にある現実 »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

無料ブログはココログ