« オバマを拒否し、ネーダー/マッキニーを支持する12の理由 | トップページ | オバマ、民主党ホワイト・ハウスへの「期待度低下工作」を開始 »

2008年11月 2日 (日)

悪名高いパレスチナ人傭兵アブ・ニダルは「アメリカのスパイ」

恐れられていた暗殺者はサダムとアルカイダとのつながりを見つけるために雇われていたと秘密報告書にある。

Robert Fisk

2008年10月25日 "The Independent"

イラク秘密警察は、英米によるイラク侵略のわずか数カ月前、アブ・ニダルをバグダッドで尋問した時点で、この悪名高パレスチナ人の暗殺者が、アメリカおよびエジプトやクウェートのために働いていたと考えていた。これまでにインペンデント紙が入手している、サダム・フセインの暴虐な治安機関が「サダム以外極秘」として書いた秘密文書には、彼がアメリカと"共謀"していて、エジプト人とクエート人の助けを得て、サダムとアルカイダを結ぶ証拠を見つけ出そうとしていたと書いてある。

ジョージ・ブッシュ大統領は、このイラクのアルカイダとの関係を、大量破壊兵器保有と一緒に、2003年の侵略の理由の一つとして使う予定だった。西側の報道は、アブ・ニダルが2002年8月に自殺したというイラクの主張は受け入れず、サダム自身の治安組織が、彼の存在がお荷物になった際に、彼を殺害したことを示唆していた。イラクの秘密報告は、「この正しい国家に対してスパイという裏切り的犯罪」を白状した後で、彼が実際自殺したことを示唆している。

四半世紀以上の期間にわたる、暗殺や残虐な攻撃により、20ヶ国で、900人以上の民間人を殺し、負傷させた傭兵、アブ・ニダルの最期が、2002年9月、サダム"大統領諜報局"のために作成された一式の諜報報告に描かれている。エジプトとクエートの諜報部員が、アブ・ニダルこと本名ハリル・アル-バンナに、自分たちのためにスパイをして欲しいと、"アメリカ情報機関も承知の上で"、依頼したと文書には書いてある。彼の死から五日後、イラク諜報機関の長、タヒール・ジャリル・ハブッシが、バグダッドでの記者会見で、イラク人職員が、市内の隠れ家のアパートを訪れた際、アブ・ニダルは自殺したと語ったが、悪名高いパレスチナ人が、非業の死に至る前に、一連の長い尋問を受けたことを秘密報告書は明らかにしている。こうした尋問の記録は、決して公開を意図したものでなく、イラクの「特別諜報部隊M4」がサダム用に書いたものだ。アブ・ニダルは、尋問者に嘘をついていた可能性はあるが、 報告書には拷問については書かれていない。文書は、イラク人が、イラクにおけるニダルの任務が一体何であったかと思っていたことの率直な報告書であるように見える。報告書は、クエートの支配者アル-サバ家の一員であるあるクエート人少佐が彼をあやつっていたとして名前をあげ、ニダルは"イラク内外でテロ行為を遂行する"任務も与えられていたと書いている。ニダルがイラクに存在することが、イラクがテロ組織を匿っているという口実をアメリカに与えることになろう」と報告書にはある。

「暗号化されたメッセージは、クエート人達が彼に、アルカイダ分子がイラクにいるかどうか調べてほしいと間接的に依頼したことを示している。我々の結論は、彼[アブ・ニダル]が、自分に不利なデータについて質問されると、理屈にあわない答えをして、態度が穏やかになった時に確認された。彼は具体的な事はいわず、歴史的な事実について話し答えをはぐらかそうとした。彼は短い曖昧ではっきりしない答えから、一般論に飛び ... 狼狽しているように見えた ...。 しかし、エジプトの諜報機関とも協力し、アメリカとクエートの諜報機関と彼が結託していることに関する不利な証拠の重みに納得した後、彼はこの公正な国家に対するスパイという裏切り的犯罪が暴露されたことを自覚した ...と尋問担当者は言及している"

アブ・ニダルは、イラクになじみがないわけではない。彼はバグダッド、ダマスカス、リビヤ政権が"殺し屋"として彼を利用したがった際には、リビヤの首都トリポリを拠点に活動していた。1982年、イスラエルがヤセル・アラファトに責任があるとして非難し、破滅的なレバノン侵略を始めるきっかけとなった暗殺未遂、イスラエル駐ロンドン大使ショルモ・アルゴフに対する攻撃を組織するのに資金を出したのはイラクだった。またムアマール・カダフィ大佐は、後にアブ・ニダルと緊密な関係を打ち立てた。1985年に、彼の見境のない武装集団が、イスラエルに向かう乗客を、ローマとウイーン空港で攻撃し、合計18人を殺害した。彼の伝記を書いたパトリック・シールは、アブ・ニダルは時として、イスラエルの諜報機関モサドのためにも働いたと示唆し、自分の手下の裏切りを恐れた場合、スパイと見なされた人物は生き埋めにされ、数日間チューブを通して食事を与えられ、もしもアブ・ニダルの"法廷"が死刑が適切と判断すると、チューブを通して弾丸が打ち込まれたことを書いている。

それゆえサダムの秘密警察によるニダルの尋問は、これほど残虐な男にとって、実にふさわしい懲罰だったように見える。イラクの諜報報告書で、彼が行ったとしている様々な犯罪の中には、外国、スイスとオーストリアで使用するはずだった14個の偽装スーツケース爆弾の準備がある。諜報機関のファイルによれば、イラクの北部クルド地域で、アメリカが"隠れ家"を支援した当時、イスラエルによってヨルダン川西岸やガザで負傷させられ、バグダッドの病院で治療を受けていたパレスチナ人から、彼のいわゆるファタハ革命評議会の新メンバーを採用しようとしていた。

報告には、いくつかおかしな点と、いくつか答えられていない疑問がある。報告書は、例えば、アブ・ニダルは、本来偽のイエメン・パスポートを使って、何年も前にイランからイラクに入り込んだが、これはクウェートにいた、ナビル・ウスマンという名の、彼自身の代理人に手助けされていたとしている。アブ・ニダルは、レバノンとドバイ経由で送った暗号化されたメッセージで、クウェートと通信していたと言われている。報告書は彼の誕生は1939年としているが、彼は1937年、当時はパレスチナだったヤッファで生まれたと信じられており、彼は1984年にはリビヤに住んでいたが、"リビア当局とは何の関係もなかった"と書いている。エジプトの治安機関によって、二カ月間拘留されていたとも書かれている。アブ・ニダルにバグダッドで隠れ家を提供したと言われている男は、パレスチナ人と一緒に2002年に尋問され、アブドルカリム・ムハンマッド・ムスタファという名だった。

アブ・ニダルは本当にイランからイラクに入れたのだろうか、イランの諜報機関が、きっと尋問したに違いないが? アブ・ニダルは、サダムの秘密警察ムカバラトに見つからずに、イラクのバース党が強い州でこっそり暮らすことができたのだろうか? 彼はどれだけの時間、尋問されたのだろう? 文書はこうした疑問には何も答えていない。

彼の最期は、しかし陰鬱な記録だ。「尋問を更に続けるための安全な場所に彼を護送する連中と同行するよう要求されると、服を着替えさせて欲しいと要求した。自分の寝室に入って、自殺した。彼を蘇生させようという試みは失敗した...」アブドルカリム・ムスタファの運命については何も知られておらず、単に彼は"裁判にかけられた"とある。しかし、アブ・ニダルが今どこに横たわっているかは知っている。

「サブリ・アル-パンナの遺体は」、最終報告書はこう結論をだしている。「2002年8月29日に、アル-カラフ・イスラム教墓地[バグダッド]に埋葬された。永眠の地が見つかるまで、埋葬場所を示す標識とビデオと写真で'M7'として記録されていた。」この残虐な男のための"永眠の地"はこれまで見つかっていないようだ。

ビン・ラディン同様に恐れられていた男によるテロの年月:

アブ・ニダルは、かつてはオサマ・ビン・ラディン同様に恐れられた。彼の悪名高い攻撃には以下のようなものがある。

*1978 彼の"ブラック・ジューン(六月)"運動は、ロンドン、パリ、マドリッド、ブリュッセル、クウェートそしてローマでの、PLOメンバー殺害を行ったとされている。

*1982 駐イギリス・イスラエル大使ショルモ・アルゴフがメイフェアで狙撃され、終生麻痺のままとなった。

*1984 ヨルダンの定期旅客機がアテネを離陸する際、ロケットで攻撃された。暗殺された人々の中には、在アテネ・イギリス文化アタッシュと、イギリス人の駐ムンバイ高等弁務次官がいる。

*1985 エジプト航空機がハイジャックされ、乗客6人が殺害され、エジプト特別奇襲隊が飛行機に突入した際に、60人が死亡した。

*1985 武装集団が、ウイーンとローマ空港のエル・アル発券カウンターを攻撃し、18人を殺害し、120人を負傷させた。

*1986 イスタンブールのシナゴーグ(ユダヤ教の礼拝堂)で機関銃攻撃により22人が殺害された。パンアメリカン航空のジェット機がカラチでハイジャックされた際に、20人の乗客と乗員が殺害された。

*1988 武装集団がポロス市でギリシャの遊覧客船を攻撃し、9人殺害、98人負傷。

記事原文のURL:www.informationclearinghouse.info/article21091.htm

« オバマを拒否し、ネーダー/マッキニーを支持する12の理由 | トップページ | オバマ、民主党ホワイト・ハウスへの「期待度低下工作」を開始 »

テロと報道されているものごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335849/33472287

この記事へのトラックバック一覧です: 悪名高いパレスチナ人傭兵アブ・ニダルは「アメリカのスパイ」:

« オバマを拒否し、ネーダー/マッキニーを支持する12の理由 | トップページ | オバマ、民主党ホワイト・ハウスへの「期待度低下工作」を開始 »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

無料ブログはココログ