« 9/11 サルバドール・アジェンデの遺言 (1973)  | トップページ | プーチン首相、ロシアと中国、貿易でのドル使用停止を提案 »

2008年10月26日 (日)

バイデン、オバマ大統領就任後六カ月以内の"国際的危機"を予言

Kurt Nimmo

Infowars

2008年10月20日

大統領候補オバマは「権力の座に着いて最初の六カ月間のうちに国際的危機に直面し、恐らくは不人気な苦渋の決断ををする際に、彼には支持者が必要だ」と、驚くほど率直な一瞬、ジョー・バイデンが語ったと、ABCニューズのポリティカル・レーダー・ブログで、マシュー・ジャッフェが報じている。シアトルの募金キャンペーンで演説した際、バイデンは、この「実験」は中東かロシアでおきる可能性が高いと言った。経済とも関連しているだろう。

「しっかり身構えてください」バイデンは聴衆に向かって言った。「皆さんのおかげで我々は勝利します、神がお許しになるなら、我々は勝利しますが、これは楽な仕事にはなりません。この大統領、次期大統領は、最も大変な課題を負わされているのです。アウゲイアースの家畜小屋を清掃するようなものです。これは単なる、単に、考えてください、文字通り、これは単なる重大な危機、単なる市場の問題ではないのです。このアメリカ経済は、もう組織的問題なのですから。」

バイデンがこの主張をするにあたって、ギリシャ神話に触れたのは興味深い。黄金の羊の毛皮を求める冒険に出た船、アルゴ号乗組員の一人、アウゲイアースは、彼の家畜小屋の話で良く知られている。彼の家畜小屋は、ギリシャでも最大頭数の家畜を収容していたが、偉大な英雄ヘラクレスがやって来るまで一度も清掃したことがなかったのだ。明らかに、バイデンは、オバマが、並外れた力、勇気、創意、そして男性、女性の両方に対する精力で有名なヘラクレス、ゼウスの息子だと信じさせたがっているのだろう。バイデンはまたイリノイ出身の上院議員を、ジョン・F・ケネディの仲間であるような扱いをした。

バイデンは言った。オバマが、もし選出されれば、来年中に、何か極端に不人気なことをやり、世論の支持は下降線を辿るだろう。「皆さんにお約束します、ここに座っておられる皆さん全員が、一年もすると、'うわー、どうして世論調査でこんな評価になるんだろう? なぜ世論の支持がこんなに低くなるんだろう? なぜ世の中こんなに厳しいのだろう?' 最初の二年間のあいだに、我々は信じられないほど厳しい苦渋の決断をすることになります。ですから、私は今皆さんにお願いをしておきます、今お願いしておきます、私たちから離れずにいるよう覚悟してください。皆さんが、今この時点でお持ちの信頼を覚えておいてください。我々は皆さんに強く支持していただくことになるのですから。」とバイデンは言った。

一体何がふりかかろうとしているのか想像するのに天才など不要だ。既に今明らかなように、グローバル・エリートは、連中の支配力と富を強固にしようとする取り組みの中で、世界中の経済を意図的にだめにしている。そしてこれは、世界的規模で、想像を絶する困難を招来するだろう。プリズン・プラネットとインフォワーズが、首尾一貫して報道しているように、連中は、一つの世界通貨と一つの世界政府を導入する、最終的な企みを始めたのだ。オバマの選挙キャンペーンが、二酸化炭素排出に制限を課すると約束していることを想起されたい。これは世界税の簡潔な表現だ。

しかも連中は、まだ中東でのプロジェクトを終えてはいない。未完の事業の中で、イラン倒壊という企みは目玉だ。更に、そして最も不気味なことに、グローバル・エリートは、ロシアと対決したがっており、とりわけ悪名高いロシア嫌いのズビグニュー・ブレジンスキーがオバマの海外政策を支配していることから、これはオバマの政治目標の中でも特に卓越しているのだ。

こうしたこと全てが、アメリカ人の単なる服従だけではなく、熱狂的な支持や、恐らくはまだ勃発していない戦争の火のような奈落の中に、我々の子供たちを喜んで送り出すことすら要求するだろう。"完全なマスター"としてのオバマが、雄弁や美辞麗句以上の何らかの能力を、まだ実証していないことなどどうでも良い。彼は、我々の支配者により、主として、その人種ゆえに選ばれたのであり、この事実が、彼の政策に対し、効果的な反対を展開することを困難にするだろう。商業マスコミや民主党は、オバマに対するあらゆる批判を人種差別主義者と見なそうとするだろう。三十年以上にわたる差別語禁止が独裁政権用の舞台を用意したのだ。

最後に、今年早々のミッシェル・オバマの警告を想起しよう。アメリカ人は犠牲を余儀なくされる。今や、企業と、グローバリストのインサイダーであるジョー・バイデンが我々に語っているのです。オバマを不人気にするような状況になる、恐らくはジョージ・W・ブッシュよりももっと不人気になると。巧妙に破壊された経済と、果てし無く続くように思われる、継続中の民営化された戦争と侵略さえ、見れば分かる。一党制のどの派の政治屋が大統領になろうと、これから一体何が起きようとしているのか分かる。

記事原文のurl:www.truthnews.us/?p=2420

« 9/11 サルバドール・アジェンデの遺言 (1973)  | トップページ | プーチン首相、ロシアと中国、貿易でのドル使用停止を提案 »

オバマ大統領」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335849/33472217

この記事へのトラックバック一覧です: バイデン、オバマ大統領就任後六カ月以内の"国際的危機"を予言:

« 9/11 サルバドール・アジェンデの遺言 (1973)  | トップページ | プーチン首相、ロシアと中国、貿易でのドル使用停止を提案 »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

無料ブログはココログ