« ワシントン、バルカン半島に新植民地を獲得 | トップページ | 国連、コソボにおけるマフィア国家樹立に貢献 »

2008年3月 1日 (土)

アメリカ介入の歴史

アメリカ介入の歴史
海外諸国における、アメリカの軍事、秘密作戦 - 1798年から現在まで


Global Research, 2008年2月25日
Global Policy Forum  - 2005-12-01

注:本リストをして、決定的あるいは全く完璧なものであるふりをする意図は毛頭ない。介入についての説明、解釈を狙ったものでもない。一部の介入に関わる情報、解釈については、将来リンクとして取り込む予定である。第一次および第二次世界大戦におけるアメリカ軍の作戦は除外してある。

 

1798-1800 フランス フランスに対する宣戦なしの海戦で、海兵隊がプエルト・プラタに上陸。
1801-1805 トリポリ トリポリ(リビア)との戦争。「第一次バーバリー戦争」と呼ばれる。
1806 スペイン領メキシコ 軍、リオ・グランデ上流のスペイン領に侵入。
1806-1810 カリブ海のスペインとフランス船舶 アメリカ海軍艦船、カリブ海のフランスとスペインの船舶と交戦。
1810 スペイン領西フロリダ 軍隊が、スペイン領西フロリダに侵入し、占拠。
1812 スペイン領東フロリダ 軍隊、アメリア島と隣接地域を占拠。
1812 英国 海上と陸上作戦を含む、1812年の戦争。
1813 マルケサス諸島 軍隊、ヌカヒバを占拠し、太平洋で最初の海軍基地を設置。
1814 スペイン領(東フロリダ) 軍、スペイン領東フロリダのペンサコラを占拠。
1814-1825 カリブ海のフランス、英国、スペイン アメリカ海軍艦隊、カリブ海のフランス、英国、スペイン船舶と交戦。
1815 アルジェとトリポリ スチーブン・ジケーター艦長のもと、アメリカ海軍艦隊、北アフリカにおいて「第二次バーバリー戦争」戦争を遂行。
1816-1819 スペイン領東フロリダ 軍隊が、ニコルズ要塞、アメリア島および他の戦略的に重要な土地を攻撃し、占拠。スペインは最終的に、東フロリダをアメリカに譲渡。
1822-1825 スペイン領キューバとプエルトリコ 海兵隊、スペイン領の島キューバの多数の都市およびスペイン領プエルトリコに上陸。
1827 ギリシャ 海兵隊、ギリシャのアルジェント、ミコノスおよびアンドロス島を侵略。
1831 フォークランド/マルビナス諸島 アメリカ海軍艦隊、南大西洋のフォークランド諸島を攻撃。
1832 オランダ領マレー諸島スマトラ アメリカ海軍艦隊、クアラ・バットを攻撃。
1833 アルゼンチン 軍隊、ブエノスアイレスに上陸し、現地の戦闘員と戦闘。
1835-1836 ペルー 軍隊、対ゲリラ作戦の為に、二度派遣される。
1836 メキシコ 軍隊、独立のためテキサス戦争を支援。
1837 カナダ カナダ国境における海軍の出来事がカナダ侵略のための軍隊大規模動員を引き起こす。戦争はすれすれのところで回避された。
1838 オランダ領マレー諸島スマトラ アメリカ海軍を征伐のため、スマトラに派遣。
1840-1841 フィジー 海軍を展開し、海兵隊上陸。
1841 サモア 海軍を展開し、海兵隊上陸。
1842 メキシコ 海軍、モンテレーとサンディエゴ市を一時的に占拠。
1843 中国 海兵隊、広東に上陸。
1843 象牙海岸 海兵隊上陸。
1846-1848 メキシコ 全面戦争。メキシコは、グアダルーペ・イダルゴ条約で、その領土の半分をアメリカに譲渡した。
1849 オットーマン帝国(トルコ) 海軍をスミルナに派遣。
1852-1853 アルゼンチン 海兵隊、ブエノスアイレスに上陸。
1854 ニカラグア 海軍が、サン・ホアン・デル・ノルテ市の大半を爆撃し、破壊。海兵隊が上陸し、市に放火。
1854 日本 ペリー提督と彼の艦隊、横浜に展開。
1855 ウルグアイ 海兵隊、モンテビデオに上陸。
1856 コロンビア (パナマ地域) 海兵隊、対ゲリラ作戦のために上陸。
1856 中国 海兵隊を広東に投入。
1856 ハワイ 海軍、ハワイ諸島の小島、ジャービス、ベーカーおよびハウランドを占拠。
1857 ニカラグア 海兵隊上陸。
1858 ウルグアイ 海兵隊、モンテビデオに上陸。
1858 フィジー 海兵隊上陸。
1859 パラグアイ 大規模な海軍を投入。
1859 中国 軍隊、上海に侵入。
1859 メキシコ 軍隊、北部地域に侵入。
1860 ポルトガル領西アフリカ 軍隊、キセンボに上陸。
1860 コロンビア (パナマ地域) 陸軍と海軍を投入。
1863 日本 軍隊、下関に上陸。
1864 日本 軍隊、江戸に上陸。
1865 コロンビア (パナマ地域) 海兵隊上陸。
1866 コロンビア (パナマ地域) 軍隊、マタモロスに侵略し、占拠。後に撤退。
1866 中国 海兵隊、牛荘に上陸。
1867 ニカラグア 海兵隊、ニカラグアのマナグアとレオンに上陸。
1867 フォルモサ島(台湾) 海兵隊上陸。
1867 ミッドウェー島 海軍、海軍基地とするためハワイ諸島のこの島を占拠した。
1868 日本 海軍を大阪、兵庫、長崎、横浜および新潟に投入。
1868 ウルグアイ 海兵隊、モンテビデオに上陸。
1870 コロンビア 海兵隊上陸。
1871 朝鮮 軍隊上陸。
1873 コロンビア (パナマ地域) 海兵隊上陸。
1874 ハワイ 水兵と海兵隊が上陸。
1876 メキシコ 軍、再度マタモロスを占領。
1882 英領エジプト 軍隊上陸。
1885 コロンビア (パナマ地域) 軍隊、コロンとパナマ市に上陸。
1885 サモア 海軍を投入。
1887 ハワイ 海軍、真珠湾に永久海軍基地を建設する権利を獲得。
1888 ハイチ 軍隊上陸。
1888 サモア 海兵隊上陸。
1889 サモア ドイツ海軍と戦闘。
1890 アルゼンチン アメリカ水兵、ブエノスアイレスに上陸。
1891 チリ アメリカ水兵、主要港湾都市バルパライソに上陸。
1891 ハイチ 海兵隊、アメリカ領土と主張するナバッサ島に上陸。
1893 ハワイ 海兵隊および他の海軍部隊が上陸し、君主制を打倒。もっと詳しく読む
1894 ニカラグア 海兵隊、東海岸のブルーフィールズに上陸。
1894-1895 中国 海兵隊、天津と北京に駐留。海軍艦船、牛荘に陣取る。
1894-1896 朝鮮 海兵隊、ソウルに上陸し、駐留。
1895 コロンビア 海兵隊、ボカス・デル・トロの町に派遣される。
1896 ニカラグア 海兵隊、コルニト港に上陸。
1898 ニカラグア 海兵隊、港湾都市サン・ホアン・デル・スールに上陸。
1898 グアム 海軍、スペインからグアム島を占拠し、アメリカはこの島を永久的に保有。
1898 キューバ 海軍と陸軍、スペインからキューバを占拠。
1898 プエルトリコ 海軍と陸軍が、スペインからプエルトリコを占拠し、アメリカがこの島を永久的に支配。
1898 フィリピン 海軍がスペイン艦隊を打破し、アメリカが同国を支配。
1899 フィリピン 大規模な対ゲリラ作戦のために、軍部隊を強化。
1899 サモア 海軍上陸。
1899 ニカラグア 海兵隊、港湾都市ブルーフィールズに上陸。
1900 中国 米軍、いくつかの都市に介入。
1901 コロンビア/パナマ 海兵隊上陸。
1902 コロンビア/パナマ 米軍、ボカス・デ・トロに上陸。
1903 コロンビア/パナマ アメリカ支援のもと、北部コロンビアの一集団、パナマの一州としての独立を宣言。
1903 グアム 海軍、永久基地設置用にアプラ湾開発を開始。
1903 ホンジュラス 海兵隊、プエルト・コルテスに上陸。
1903 ドミニカ共和国 海兵隊、サントドミンゴに上陸。
1904-1905 朝鮮 海兵隊が上陸し、ソウルに駐留。
1906-1909 キューバ 海兵隊上陸。アメリカはグアンタナモ湾に大規模海軍基地を構築。
1907 ニカラグア 軍隊、主要な拠点を占拠。
1907 ホンジュラス 海兵隊が上陸し、トルヒーヨ、セイバ、プエルト・コルテス、サン・ペドロ、ラグーナとチョロマの各市に駐屯地を設ける。
1908 パナマ 海兵隊が上陸、作戦を遂行。
1910 ニカラグア 海兵隊、ブルーフィールズとコリントに上陸。
1911 ホンジュラス 海兵隊の介入。
1911-1941 中国 アメリカは、中国沿岸と河川の哨戒のため、同国に5000人の兵士と44隻の艦船という軍駐留状態を作り上げた。
1912 キューバ アメリカ、ハバナでの戦闘のために陸軍部隊を投入。
1912 パナマ 陸軍部隊の介入。
1912 ホンジュラス 海兵隊上陸。
1912-1933 ニカラグア 海兵隊の介入。20年間にわたる占領となる。
1913 メキシコ 海兵隊、シアリス・エステロに上陸。
1914 ドミニカ共和国 海軍、サントドミンゴ市における戦闘に参戦。
1914 メキシコ アメリカ軍、四月から十一月まで、メキシコの主要な港湾都市ベラクルスを占拠、占領。
1915-1916 メキシコ ジョン・J・パーシング将軍指揮下アメリカ軍遠征部隊がのがテキサス国境を超え、メキシコの領土内、数百マイルに侵入。最終的には、将校と兵士11,000名以上に強化。
1914-1934 ハイチ 軍隊が上陸し、空爆、19年間の軍事占領に至る。
1916-1924 ドミニカ共和国 軍の介入で、8年間の占領に至る。
1917-1933 キューバ 海軍部隊上陸。15年にわたる占領の開始。
1918-1920 パナマ 軍隊が介入し、「治安任務」で、2年以上駐留。
1918-1922 ロシア 海軍および陸軍部隊が、同国内のいくつかの地域で5年間にわたって戦闘する。
1919 ユーゴスラビア 海兵隊、ダルマチアに介入。
1919 ホンジュラス 海兵隊上陸。
1920 グアテマラ 軍隊介入。
1922 トルコ 海兵隊、スミルナ(イズミール)における作戦に参戦。
1922-1927 中国 5年間にわたり、海軍と陸軍を投入。
1924-1925 ホンジュラス 二年間に軍隊が二度上陸。
1925 パナマ 海兵隊が上陸し、作戦に参戦。
1927-1934 中国 海兵隊と海軍が国中に駐留。
1932 エルサルバドル 海軍部隊の介入。
1933 キューバ 海軍部隊の投入。
1934 中国 海兵隊、福州に上陸。
1946 イラン 北部の州への軍隊投入。
1946-1949 中国 約100,000人の兵士によるアメリカ軍の本格駐留、戦闘、現地戦闘員の訓練および助言。
1947-1949 ギリシャ アメリカ軍、3年間の対ゲリラ戦を遂行。
1948 イタリア 国政選挙に対するCIAの大幅な関与。
1948-1954 フィリピン 奇襲作戦、「秘密」CIA戦争。
1950-1953 朝鮮 本格的軍隊が、朝鮮半島における戦争に参戦。
1953 イラン CIA、モハメド・モサデク首相の政府を転覆する。詳しく読む
1954 ベトナム フランスの軍事植民地作戦への財政的、物質的支援、最終的に、直接的な米軍関与に至る。
1954 グアテマラ CIA、ハコボ・アルベンス・グスマン大統領の政府を打倒。
1958 レバノン 米海兵隊と陸軍の総員14,000人が上陸。
1958 パナマ 運河地帯のアメリカ軍と現地住民間の衝突。
1959 ハイチ 海兵隊上陸。
1960 コンゴ CIAが支援したパトリス・ルムンバ首相の打倒と暗殺。
1960-1964 ベトナム 軍事顧問と特殊部隊の漸進的投入。
1961 キューバ CIAが支援したピッグズ湾侵攻。
1962 キューバ 核攻撃の脅威と、海上封鎖。
1962 ラオス CIAが支援した軍事クーデター。
1963 エクアドル CIAが支援する軍部がホセ・マリア・バレスコ・イバラ大統領を打倒。
1964 パナマ 運河地帯のアメリカ軍と現地住民間の衝突。
1964 ブラジル CIAが支援した軍事クーデターで、ジョアン・グウラルトの政府を打倒し、カステロ・ブランコ将軍が権力を掌握。詳しく読む
1965-1975 ベトナム 500,000人以上にものぼる兵員の空軍、海軍および陸軍を含む大規模な軍の参戦。全面戦争が10年継続。
1965 インドネシア CIAが支援した軍事クーデターで、スカルノ大統領を打倒し、スハルト将軍を権力の座につける。
1965 コンゴ CIAが支援した軍事クーデターで、ヨセフ・カサブブ大統領を打倒し、ジョセフ・モブツを権力の座に据える。
1965 ドミニカ共和国 23,000人の兵士が上陸。
1965-1973 ラオス 爆撃作戦開始。8年継続した。
1966 ガーナ CIAが支援した軍事クーデターでクワメ・エンクルマ大統領を打倒。
1966-1967 グアテマラ 大規模な対反乱軍作戦。
1969-1975 カンボジア CIA、シアヌーク王子に対する軍事クーデターを支援し、ロン・ノルを権力につける。ベトナム国境への7年にわたる集中的空爆。
1970 オマーン イラン海軍による侵略への協力を含む対反乱軍作戦。
1971-1973 ラオス アメリカおよび南ベトナム軍による侵略。
1973 チリ CIAが支援した軍事クーデターで、サルバドール・アジエンデ大統領の政府を崩壊させる。アウグスト・ピノチェト将軍が権力掌握。
1975 カンボジア 海兵隊が上陸し、政府軍と戦闘した。
1976-1992 アンゴラ 軍とCIAの作戦。
1980 イラン 特殊作戦隊がイランの砂漠に着陸。ヘリコプターの不具合から急襲計画を放棄。
1981 リビア 地中海上の作戦行動で、海軍ジェット機がリビアのジェット機二機を撃墜。
1981-1992 エルサルバドル CIAと特殊部隊、長期にわたる対反乱軍作戦を開始。
1981-1990 ニカラグア CIA、亡命者による「コントラ」作戦を指揮。アメリカ空軍部隊、港湾に機雷を投下。
1982-1984 レバノン 海兵隊が上陸し、海軍部隊が現地の戦闘員を砲撃。
1983 グレナダ 軍隊でグレナダを侵略。
1983-1989 ホンジュラス ニカラグアにおける戦闘を援助する目的で、大規模な軍事援助。
1984 イラン ペルシャ湾上空で二機のイラン・ジェット機が撃墜された。
1986 リビア 米軍航空機、ムアマール・カダフィ大統領官邸の直接攻撃を含むトリポリとベンガジ市街を空爆。
1986 ボリビア 特殊部隊が、対反乱軍作戦に参戦。
1987-1988 イラン 海軍、イラン船舶を封鎖。民間航空機がミサイル巡洋艦により撃墜される。
1989 リビア 海軍機がシドラ湾上空でリビアのジェット機二機を撃墜。
1989 フィリピン CIAと特殊部隊が対反乱軍作戦に参戦。
1989-1990 パナマ ノリエガ大統領の政府を転覆するために、兵士27,000名と、海、空軍を動員。
1990 リベリア 軍隊投入。
1990-1991 イラク 海軍による封鎖、空爆を含む大規模な軍事作戦。占領されたクエートのイラク軍を膨大な軍隊が攻撃。
1991-2003 イラク 北部および南部のイラク領空を、定期的な空中、陸上目標に対する攻撃により支配。
1991 ハイチ CIAが支援した軍事クーデターで、ジャン=ベルトラン・アリスティド大統領を追放。
1992-1994 ソマリア 特殊作戦部隊の介入。
1992-1994 ユーゴスラビア NATOによるセルビアとモンテネグロの封鎖において主要な役割を演じる。
1993-1995 ボスニア 空軍および陸軍による積極的な関与。
1994-1996 ハイチ 軍隊で同国軍支配者を排除し、ジャン=ベルトラン・アリスティド大統領を復帰させる。
1995 クロアチア クライナ・セルビアの飛行場を攻撃。
1996-1997 ザイール (コンゴ) 海兵隊が、同国の東部地域での作戦に関与。
1997 リベリア 軍隊投入。
1998 スーダン 空爆により同国の主要製薬工場を破壊。
1998 アフガニスタン 同国の標的を攻撃。
1998 イラク 四日間にわたる集中的な空爆、ミサイル攻撃。
1999 ユーゴスラビア NATO空爆に本格的に関与。
2001 マケドニア NATO軍シフトで、アルバニア人反乱部隊を一部武装解除。
2001 アフガニスタン 空襲と陸上作戦でタリバン政府を崩壊させ、新政府を樹立。
2003 イラク 大規模な、陸、空および海軍による侵略で、サダム・フセインの政府を崩壊させ、新政府を樹立。
2003~現在 イラク 長期化した反乱鎮圧作戦に兵員150,000人の占領軍投入。
2004 ハイチ 海兵隊上陸。CIAが支援した軍隊がジャン=ベルトラン・アリスティド大統領を打倒。

Global Policy ForumによるGlobal Research記事


 

ご支援に熱く感謝いたします。


« ワシントン、バルカン半島に新植民地を獲得 | トップページ | 国連、コソボにおけるマフィア国家樹立に貢献 »

アメリカ」カテゴリの記事

アメリカ軍・基地」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335849/33448050

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ介入の歴史:

« ワシントン、バルカン半島に新植民地を獲得 | トップページ | 国連、コソボにおけるマフィア国家樹立に貢献 »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

無料ブログはココログ