« 戦争選挙 -ノーマン・ソロモン | トップページ | 2008年大統領選挙の二人の勝者: 恐怖と戦争 »

2008年3月 7日 (金)

バリ爆破テロ犯CIA/モサドの関与を主張

二発目の爆発は意図したよりはるかに大きかったと首謀者ロンドン・タイムズに語る

ポール・ジョセフ・ワトソン

Prison Planet

2008年3月6日、木曜日

バリ爆破テロの首謀者は、2002年のナイトクラブ地域爆破攻撃は予想していたよりもずっと大規模で、あれほどの大量殺戮になった唯一の真相は、爆撃犯たちがCIA、KGBあるいはモサドに支援されていたことだと主張している。

標的も選び、テロ攻撃を指示した黒幕とされるイマム・サムドラが、ロンドン・タイムズとのインタビューで、二度目の爆破は爆撃犯たちが予想していたより強大で、この攻撃で、元々考えていたよりずっと多くの人々を殺害してしまったと語った。

死亡者数は202人にものぼり、うち168人は、オーストラリア人88人とイギリス人28人を含む外国人だ。

爆撃犯たちは決してこんなに多くの人々を殺そうとは思っていなかったと彼は主張した。パディーズ・バーとサリ・クラブで起きたことは「承服できない」と彼は語った。

彼が爆弾を作ったのだろうか? 「否、否、否!」頭を振りながら彼は言った。「作る手助けもしていないし、誰が爆弾を作ったのか、いつ作ったのかも知らない。」

二度目の爆破は彼らが予期していたよりもずっと大きかったは彼は言う。

唯一の真相は、陰謀説論者にとってはお馴染みの妖怪「CIAかKGBかモサド」が、どうにかして爆弾に手を加えたのだ、と彼は示唆した。「非常にありうることだ」と彼は主張した。

この主張を一蹴しようというザ・タイムズ紙による最善の努力にもかかわらず、アメリカとイギリス当局が爆破の前に内密に情報を得ていた事実は立証されている。

三菱のバンL300の内部に搭載されていた二発目の爆弾は、ナイトクラブの中で爆破した、最初のより小規模な爆弾によって引き起こされたパニックの結果、人々が通りへと逃げ出す最中に爆破された。

三菱のバンに搭載されていた爆弾は、C4、つまり入手が困難な軍用プラスチック爆弾で作られていたと最初の報告にはあったが、話はすぐに変えられ、爆弾はずっと粗雑な作りだということにされた。爆弾がこの地域周辺の建物にもたらしたひどい破壊が、強力な爆薬が使われたことを示唆していた。

アメリカとイギリス政府がバリ爆破テロを事前に知っていたという主張が、更には関与もしていたという主張すら、再三表面化していた。

オーストラリアのドキュメンタリー向けのインタビューで、元インドネシア大統領アブドルラーマン・ワヒドは、2002年10月の爆破事件の背後にいる真犯人として、インドネシア当局を明快に指摘した。当局は西欧諜報機関の強い要請を受けて活動していたとワヒドは語った。

インドネシアは、すさまじい腐敗と、残虐なテロ行為への国家の関与で知られている。関係筋は、ドキュメンタリー制作者に対し、政府にコネがある犯罪者が、不動産や資産の価値を下げておいて、安く買い取るべく、標的とされた地域を過疎化させる計画を進めていたと語った。

当時、台湾から流された国際ニュース報道をたどることによって、アメリカ政府はバリ爆破を事前に知っていたことを確認することができた。彼らはこの情報を台湾政府にもしらせこの情報を極秘にしておくように言ったのだ

爆破が起こる数時間前に、アメリカは「セキュリティー上の脅威」に言及して、インドネシアから事務職員と外交官全員を退去させたイギリス政府も同じ警告を受けたが、それを、いかなる関係当局にも、また不用意にビーチ・パーティーにでかけようとしていた何百人もの犠牲者にも知らせなかった。

爆破の直後、FBI、オーストラリア・シークレットサービスとイギリス秘密警察が爆破現場を急襲し、インドネシア当局とバリ警察にとっては非常にいらだたしいことながら、情け容赦なく、取り調べの主導権を握った。

オンライン・ドキュメンタリー「バリ爆破テロの真実」がこうした問題のいくつかを検討している。以下の四部構成ビデオをご覧いただきたい。

記事原文のurlsアドレス:www.prisonplanet.com/articles/march2008/030608_bali_bomber.htm

« 戦争選挙 -ノーマン・ソロモン | トップページ | 2008年大統領選挙の二人の勝者: 恐怖と戦争 »

テロと報道されているものごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335849/33448146

この記事へのトラックバック一覧です: バリ爆破テロ犯CIA/モサドの関与を主張:

« 戦争選挙 -ノーマン・ソロモン | トップページ | 2008年大統領選挙の二人の勝者: 恐怖と戦争 »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

無料ブログはココログ