« FLAG社海底ケーブル三度目の切断、今度はUAE、オマーン間 | トップページ | 脆弱なドル覇権:イランの石油取引市場はドルを崩壊させかねない »

2008年2月 5日 (火)

イランにおけるドルの余命いくばくもなし

Global Research, 2008年2月4日

Press TV

編集者注記

イランをインターネット通信から遮断した、海底通信ケーブル切断のため、取引所の開設が延期されたという未確認報道がある。


日曜日、2008年2月3日  23:55:53

イランの石油取引所が設置される予定のキシ島

イラン商品取引所は、待望の石油取引市場をキシ島に設立する任務を政府から課された。

イラン内閣は日曜日、石油省、財務省、外務省、および中央銀行に対し、石油取引市場を立ち上げる計画を実施するという命令を発令した。

石油取引市場は、石油製品と原油取引の場として機能することになっている。

経済省は石油化学製品部門を2月19日迄に立ち上げる予定。

石油取引市場は、石油製品をドル以外の通貨で取引する予定であり、多くのアナリストは、この市場は既に衰退しつつあるドルに大きな影響を与えかねないという意見だ。


Global Researchをご支援ください。

Global Researchは、読者からの財政支援に依存しています。

寄付する

ご支援に熱く感謝いたします。


© 著作権、Press TV、2008

本記事のurlアドレス: www.globalresearch.ca/index.php?context=va&aid=8000

« FLAG社海底ケーブル三度目の切断、今度はUAE、オマーン間 | トップページ | 脆弱なドル覇権:イランの石油取引市場はドルを崩壊させかねない »

イラン」カテゴリの記事

通貨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335849/33434550

この記事へのトラックバック一覧です: イランにおけるドルの余命いくばくもなし:

« FLAG社海底ケーブル三度目の切断、今度はUAE、オマーン間 | トップページ | 脆弱なドル覇権:イランの石油取引市場はドルを崩壊させかねない »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

無料ブログはココログ