« ビル・オライリー、ウィリー・ネルソンを中傷「脳たりん」呼ばわり | トップページ | オバマの偽りの希望:なぜ私はオバマに投票しないか »

2008年2月 8日 (金)

ウィリーの目覚めに、ネオコン・ブロガー、911真相究明派をホロコースト否定と等価扱い

Kurt Nimmo

Truth News

2008年2月5日

ウィリー・ネルソンが、アレックス・ジョーンズ・ショーで、2001年9月11日に、彼は何が起きたと思っているかを世界に語った。ただのジェット燃料の火がタワーを崩壊させるなどありえず、実際、崩壊は、世界中にとって、入念に実行された取り壊しのように見えたと言ったので、現実に対するアレルギー反応に苦しむ輩が、木工細工の中から糾弾をしに現れた。ただし、アメリカ人の偶像を攻撃して無傷で逃げ去るのはリスキーなので、こわごわとではあるが。

一例として、KXMCウエブサイトの下記ブロガーを検討してみよう。

「彼は好きなアーチストの一人だ。彼の歌はいつも私のiPodプレイリストにあるが、ロン・ポールの仲間アレックス・ジョーンズと彼のインタビューを聞いてしまった後では、これまでと同じように彼の歌を楽しめるかどうか分からない」と名無しブロガーは騒いでいる。「保守派として、私は好きなアーチストの政治議論は見過ごしてきた。エンタティナーは非常にリベラルなことが多い。それは折り合いを付けざるをえない避けがたい人生の真実だ。だが「911真相究明派」となると、単に戦争や国内政策に異議を唱えるどころではない。私の頭の中で「911真相究明派」は、ホロコーストの否定と等価だ… 恥を知れ、ウィリー。」

もちろん、この男は「保守派」ではなく、ネオコンだが、ネオコンはこの肩書を何年も前にハイジャックしたのだ。両者には、ほんのわずかの類似もないのを無視して、「911真相究明派」はホロコーストの否定と等価だと主張するのも、卑しく陰険なネオコン戦術だ。これは単に、遥かかなたのイスラム教洞窟居住者は(CIAが大金をかけてでっちあげたもので、パキスタンには狂信者があふれているのだが)物理学の法則を変えることができなかったという事実に対し、無知な政治的幼児どもを感情的に反応させるための、ネオコンのもう一つの小細工、みすぼらしい努力に過ぎない。こうした脳死やら、けばけばしく安っぽい感情過多は、ひどい悪臭が鼻につく。だが、そんな卑劣な素人演劇などなくとも、イスラム教徒とアラブ人の中東を滅ぼそうという、残忍なネオコンの計画は、トランプカードで作った家のように、そよ風でも自然に倒れてしまうだろう。

AP通信社やフォックス・ニューズが、ウィリーのアレックス・ジョーンズとのインタビューを報道したからには、こうした自暴自棄の挙動を、今後も見せられるのは確実だ。「2001年9月11日、19人の男が飛行機をハイジャックし、ニューヨーク市のワールド・トレード・センターのツイン・タワー、ペンタゴンとペンシルバニアの野原に突っ込みました」AP通信社、再び出来事の公式お伽話版の前衛をつとめるばかりだ。19人のハイジャッカーが、9月11日にどこかこれら飛行機の側にいたという、いかなる確かな証拠も、揺るがぬ証明も完全に抜いて。

もしもハイジャッカーとされる連中が、何かの近くにいたのだとすれば、それはフロリダ州、ペンサコラの海軍航空基地、アラバマ州、モンゴメリーの空軍大学校、テキサス州、サン・アントニオのラックランド空軍基地のどこかで、これは他ならぬニューズウイークが2001年9月15日に報道した事実だ。不都合な真実は、以来あの「1984年」の歴史隠滅穴メモリー・ホールへと消えた。

ブッシュの不思議の国では、気まぐれな作り話を繰り返すことが、客観的ジャーナリズムで通る。トロツキズムの焼き直しが、レーガン保守主義で通るのと同じだ。

ネオコンにとっての問題は、ホロコーストに関する非常識な言及を加えてさえも、それがもはや機能しないことだ。

記事原文はhttp://www.truthnews.us/?p=1897

« ビル・オライリー、ウィリー・ネルソンを中傷「脳たりん」呼ばわり | トップページ | オバマの偽りの希望:なぜ私はオバマに投票しないか »

911・人質事件関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335849/33434626

この記事へのトラックバック一覧です: ウィリーの目覚めに、ネオコン・ブロガー、911真相究明派をホロコースト否定と等価扱い:

« ビル・オライリー、ウィリー・ネルソンを中傷「脳たりん」呼ばわり | トップページ | オバマの偽りの希望:なぜ私はオバマに投票しないか »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

無料ブログはココログ