« B-52によるアメリカ上空の核弾頭ミサイル輸送は本当に事故だったのだろうか? | トップページ | ネオコン「ゴッドファザー」ノーマン・ポドレツ、 ブッシュに語る。イランを爆撃せよ »

2007年10月 1日 (月)

チャーリー・シーンの「米政府が9/11事件を隠蔽工作」発言で激震

2006年3月の過去記事です。

チャーリー・シーンの「米政府が9/11事件を隠蔽工作」発言で激震

チャーリー・シーン、俳優: 民間航空機を四機も乗っ取って、目標の75パーセントに命中させたなんて、まるで陰謀論ではありませんか。

Showbiz Tonight 24日 金曜日 放送 筆記録 アレックス・ジョーンズ出演

CNN 2006年3月25日

土曜早々ビデオ出来予定。

SHOWBIZ TONIGHT

シーン非難に反論; エリカ・ジョングの新刊をけなすマーサの噂; セス・グリーンは複数のプロジェクトに関与

2006年3月24日 - 19:00ET放送

これは急ぎの筆記録です。この文章は最終版ではなく、更新される可能性があります。

A.J. ハマー、共同ホスト: カリスマ主婦マーサ・スチュワートは、セックス作家エリカ・ジョングのせいで結婚生活がだめになったと考えているでしょうか? A.J. ハマーがニューヨークからお送りします。

ブルック・アンダーソン、共同ホスト: ジュディー・フォスターを当面映画で見られなくなる可能性があるのはなぜでしょう。ハリウッドのブルック・アンダーソンです。TV唯一のライブ・エンタティンメント・ニュース・ショウがこれから始まります。

(ビデオテープ始め)

ハマー(画面に映らず声だけ): SHOWBIZ TONIGHTで、全米中で皆が話題にしている、物議を醸す意見が放送されました。

チャーリー・シーン、俳優: 民間航空機を四機も乗っ取って、目標の75パーセントに命中させたなんて、まるで陰謀論ではありませんか。

ハマー: 9/11事件を政府が隠蔽工作しているという俳優のチャーリー・シーンの驚嘆すべき意見です。SHOWBIZ TONIGHTが、最初にこの話題をお知らせしましたが、今晩、チャーリー・シーンさんがまたはっきりと発言してくださいます。

シーン: 私は、CNNと、SHOWBIZ TONIGHTに敬意を表さねばなりません。

ハマー: みなさんはどうお考えでしょう?彼はいいところに気がついたのでしょうか?彼の主張は突飛なのでしょうか?皆様からの圧倒的な反響で、メールの受信箱は溢れています。

さらに、25年目にして製作されている映画のお話です。今晩、SHOWBIZ TONIGHTは「チャプター2」のセットから初めてのレポートをお送りします。「チャプター27」は、ジョン・レノンを狙撃して殺した人物、マーク・デビッド・チャプマンについての新しい映画です。SHOWBIZ TONIGHTは、ビートルズのレノンの殺人者を演じているジャレド・レトと一対一で。

グレッグ・キニア、俳優: グレッグ・キニアです。もし今日それが起きるとすれば、それはSHOWBIZ TONIGHTで、でしょう。

(ビデオ・テープ終了)

ハマー: 金曜夜の番組にようこそ。A.J. ハマーが、ニューヨークからライブでお送りします。

アンダーソン: ブルック・アンダーソンです。ハリウッドからのライブです。彼にまたご登場頂いています。チャーリー・シーンですよ、A.J.

ハマー: その通りですね、ブルック。TV最大ヒット作の一つ「Two and a Half Men」に出演しているスターに今日もラジオに出ていただいています。彼が9/11について話していたのです。

シーンがアレックス・ジョーンズのラジオ番組で述べた、9月11日に実際に起きた事を政府が隠蔽している可能性があるという、論議を呼ぶ意見を私どもが初めて報道して以来、話は爆発的な事態をひきおこしました。聴取者の方々から送られてきている何千通もの熱烈なe-メールに圧倒されています。これからの一時間の間に、その中からいくつか、できるだけ多く読ませていただくつもりです。

今日、シーンさんにはまたジョーンズ・ショーにご登場頂きます。まだ話したいことがおありです。間もなくアレックスさんとライブでお話します。でも、まずは、シーンさんの、9/11について、彼を非難している人々について、そして、SHOWBIZ TONIGHTについての意見を聞きましょう。

(ビデオテープ再生開始)

シーン: これは大事になるだろうという感じはしていました。おっしゃるように、超新星の様なものになるだろうとまでは、予想していませんでした。

ハマー(画面に映らず声だけ): 9/11は陰謀の可能性があるというチャーリー・シーンの意見は、まさに超新星になりました。そしてこのスターは、非難を称賛の両方を浴びています。

アレックス・ジョーンズのラジオ・ショウに今日お出で頂いたので、シーンさんはSHOWBIZ TONIGHTに対して、彼の9/11説を表舞台に出した最初の大手

ニュース番組として、称賛を表すに違いありません。

シーン: CNNと、SHOWBIZ TONIGHTと、A.J. ハマー氏には、その勇気、気力、そして私のような人間にこうした問題について語る時間を下さったことに対して、敬意を表さなければなりません。大手報道機関がこの話題に対して向けた注目としては最大です。

アンダーソン: SHOWBIZ TONIGHTの信じがたい話題に対する今日の反応は、昨夜ブレークしたのです。

ハマー: 月曜日にシーンさんがアレックス・ジョーンズのラジオ番組で、「我々は9/11の背後にある本当の話を聞いていないのかも知れない」という仮説を述べて以来始まったこの大嵐の渦中に、SHOWBIZ TONIGHTはずっといるのです。

シーン: ね、19人の素人連中が、カッター・ナイフで、民間航空機を四機も乗っ取って、目標の75パーセントに命中できたというのこそ、まるで陰謀論のようだと思えるんです。

ハマー: 今日のラジオで、立腹したシーンさんは、9/11についての意見に反応して、乱れた物議を醸す余地のある彼の過去を攻撃している人々に対して反論しています。

シーン: しかも彼らの大多数、実際彼らの90パーセントは、私を個人的に攻撃して、私の信頼性を攻めているのです。私はわが国を愛するアメリカ国民です。そして、そういう国民として、この偉大な国に対する熱意から、私は、事実についてこそ挑戦して欲しいと思うのです。20年前の私の未熟なふるまいに対してではなくって。 もしも彼らが私を個人的

に攻撃し続けるのであれば、それは我々の方に信憑性を与えるだけのことです。

ハマー: シーンさんは、この話題はずっと語り続けるつもりだと実にはっきりと言っています。

シーン: 人々は事実を求めているのです。人々は事実が欲しいのです。それなのに、これまで提供されているものは、全くそういうものとは似てもにつきません。

(ビデオテープ終わる)

ハマー: 今晩、ライブでご登場いただくのは、チャーリー・シーンがラジオで話していたその相手です。つまりアレックス・ジョーンズさんで、これからテキサス、オースチンから参加くださいます。

アレックスさん、SHOWBIZ TONIGHTにようこそまたおいでくださいました。

アレックス・ジョーンズ、ラジオ・トーク・ショーのホスト: お招きありがとうございます。

ハマー: おいでいただけたことに感謝しています。

人々がチャーリーの後を追いかけ回しているという事実について話しましょう。彼の信頼性を攻撃しようとしている人々から膨大なeメールを受け取っています。それはあって当然のことです。彼らは遠い昔に起きたことについて語っています。これについてはいかがでしょう? 一体、彼の過去は問題なのでしょうか、それとも、こうした攻撃は逆効果になるのでしょうか?

ジョーンズ: これだけは言わせてください。CNNは一年前に世論調査をしました。CNNのアンダーソン・クーパー・ショー視聴者の90パーセントは、政府が9/11をもみ消そうとしていて、関与していると信じています。ショーの五分前のそちらの新しい世論調査では、2万人の全回答者の81パーセント、81パーセントがチャーリー・シーンを支持しています。

他の通信社や、我々による多数の世論調査がありますが、数字はどれも同じようなものです。私自身のトーク番組でも、私が前にやっていたトーク番組でも、同じような反応です。事実に直面しようとしない少数派がいるのです。

チャーリー・シーンは最初に意見を公表した人物です。彼は、今している事をする勇気を持った最初のハリウッドの人間だったというだけのことです。元レーガン政権の職員だった人にもそういう人物はいます。元ブッシュの高官だった人もいます。ジョージ・ブッシュの現政権の主席エコノミストで、ごく数年前に退職し、公表した人もいます。そして、彼も政府が攻撃を実行したと言っています。防衛大臣、イギリスの...

ハマー: アレックスさん、ハリウッドの人間として、ご存じでしょうが、見苦しい過去を彼は認めていますし、それは大昔のことで、攻めやすい弱点でしょう。そこで伺いたいのは...

ジョーンズ: 彼が言っているのは、「私を信じないで欲しい、事実を調べて欲しい。証拠を見てください。かみつき報道なぞ信じないでください。」ということです。もう、チャーリー・シーンだとか、アレックス・ジョーンズだとか、A.J.ハマーだとかいうレベルの問題ではありません。

ハマー: そうですね。

ジョーンズ: 問題はNORAD(アメリカ航空宇宙防衛司令部)が一時的に、警戒態勢を解いていたことなのです。問題は、ビルの中の爆薬です。問題は、こうした攻撃をしたいと書いていて、外国の敵に罪をなすりつけているペンタゴンの文書です。

これは皆おおやけになっています。それが、こうした物理学者や政治家や、議員のシンシア・マッキニーが三年前に、隠蔽工作があったし、大いに疑わしいと公表して、本当の調査を要求した理由です。何百人も著名な人々が言っています。それでもこれまでは決して注目をひけなかったのです。

ハマー: そうしたものが、今や大いに注目を集めています。そして先日チャーリー・シーンがあなたの番組に出ました。そして今日も出演してくれています。我々が受信している何千通ものe-メールのおかげで、CNNやSHOWBIZ TONIGHTで何が起きているのか分かっています。

そこで一つ質問させてください。こうしたはずみがついたことをどうお考えでしょう? 今からどうなるとお考えでしょう これまでには起きなかったことが、この新たなレベルの注目の結果として起きたことを?

ジョーンズ: ええ、アメリカ人は有名人が大好きで、平均的なアメリカ人は、おそらく日本人を除いて、世界中で誰より有名人についての思いこみが激しいのだと思います。

人々にそれについて語り、見つめて貰いたいばかりに、彼は無私無欲で、人々に攻撃されるようになる事を分かっていながら自己を犠牲にしています。彼は私たち同様自分の子供を愛しているからだと話してくれました。私は、この件で、殺すと脅かされているのですが、思想というのは、弾丸で滅ぼせるものではありません。

世界新秩序は、テロ攻撃を止めるべきです。過去百年の間に、私たちは200回以上、連中の尻尾を捕まえています。西欧の政府がこれをやっているのです。ヒトラーがやりました。イギリス人もやっています。ロシア人もやりました。様々な政府がこういうことをするのです。彼らは、私は、政府丸ごとそうだと言っているわけではありません。ごく小さな犯罪黒集団、いわゆる暗黒世界の操作者達が、これを遂行しているのです。それが真相です。

皆さん、お願いですから、これを調べてみてください。真実を発見されるでしょう。アメリカを見てください。学校のトイレにカメラを設置する警察国家になりつつあります。

ハマー: まあ、今週起きたことに話しを戻しましょう、私とあなたが話していたことに。昨日、この番組でおっしゃいましたね。チャーリー・シーンは、ハリウッドの有名人の中で、孤立しているわけではないのです。そうした人々の名前は挙げられないとおっしゃいましたが。9/11に実際何が起きたのかということについて、チャーリーが考えているのと同じ様に考えている多数の著名人と連絡をとっておられます。

そこで私の質問なのですが、今週こうした大騒ぎになっていて、チャーリーが危険を冒して、堂々と発言している現在、もっと多数の著名人が意見を公表する可能性があるとお考えですか?

ジョーンズ: ええ、アメリカ国民の大多数は、かみつきジャーナリズムがなんと言おうと、シーンを支持しています。世論調査という戦いで、彼は勝利を収めつつあります。しかも、文字通り私が話をしたハリウッドの誰も、皆極めて著名な人々です。私はハリウッドに多くの友人がいます。しかも皆が私を追いかけています。私は「あるハリウッドの人物」というわけではないのです。

ハマー: 誰か、そのうち誰か、実際に名乗り出るつもりだといった人はいませんか? 昨日質問させて頂きましたが、今日再度質問したいと思います。そうした人々の名前を何人かあげていただけますか?

ジョーンズ: いいえ。話をした人々は私を信頼されていて、私も彼らに意見を公表するように勧めたりもしていませんし。

ハマー: わかりました。そうした人々は意見を公表するとお考えですか?

ジョーンズ: はい。もっと多くの人々が意見を公表するようになると思いますよ。ええ、そう思います。しかも私も知らなかったような人々までも。そう、ハリウッドの誰でも私が話した人は皆、誰か名前をあげてみてください。誰でも。私は何百人ものハリウッドの人と話しているのです。宜しいですか?皆探し出しているのです。皆気がついているのです。皆それについて話しています。皆いつも...

ハマー: ということで、あなたには当然、多数の支持者がおられ、この件については非常にお詳しいわけです。今週末、何千通ものeメールを受け取っています。その全部が熱烈な称賛というわけではありません。

ジョーンズ: でも、あなたの世論調査は、あなたの世論調査では81パーセントでした。

ハマー: 私も同意見です。今この時点で、すぐこの話に入りたいと思います。けれども、もちろん、こういうことがおきると、ああそうか、チャーリー・シーンやアレックス・ジョーンズなんかおかしな奴らと思っている、という人々からeメールが来るのです。

あなたが声を張り上げれば張り上げるほど、人々には、あなたが余計に異常に見えてしまうということは気になりませんか?

ジョーンズ: おわかりでしょう? いいえ、全く気にしていませんね。私たちは事実を明らかにしただけなのです。つまらないはやり言葉や中学校レベルのプロパガンダを言い立てるのではなくって、私の主張を実際に調べて欲しいと思います。

現行のブッシュ政権高官で、辞職して、政府が攻撃をしかけたのだといった人物はいるでしょうか?います。モーガン・レイノルズ博士はそう言っています。労働省の主席エコノミストです。

レーガノミックスの父であり、ブッシュ政権の財務省で最も高い地位にあったポール・クレイグ・ロバーツ博士は、公の席で9/11を疑っていると発言しています。

アメリカ国民は真実を知ることになるでしょう。9/11についての真実が明らかになるのを何事も止めることは不可能です。新世界秩序がこの世界帝国を維持するために、さらなるテロ攻撃をする危機にあります。

ハマー: アレックス、また時間が足りなくなってしまいました。何より、事実を追求するよう、人々を励ましてくださることをありがたく思います。その点、素晴らしい仕事をされていると思いますよ。

ジョーンズ: InfoWars.comとPrisonPlanet.comを是非ご覧ください。私は命の危険を冒しています。私たちは、アメリカ国民の為に、わが子達の為に、そして我々の未来の為に、これをしているのです。出演させて下さった皆様の勇気にお礼申し上げます。神の祝福がありますように。

ハマー: アレックス・ジョーンズさんは、テキサス、オースチンからのライブ出演でした。どうもありがとうございます。

この陰謀説騒ぎを我々はどう生かすべきでしょう?私たちはそれを考えています。そのまま、チャンネルを変えずにいてください。32分から、今週「ニューヨーク・マガジン」に、これまで言われている全ての陰謀説について、素晴らしい記事を書いたレポーターに出演してもらうのですから。是非このままご覧頂いて、彼がチャーリー・シーンが言っていることについてどう考えているかをお確かめください。

アンダーソン: ここ数日間、我々は、チャーリー・シーンの驚愕的な発言に対して大変な反応を受けています。私どものeメール受信箱は溢れています。そこで、我々が投げかけた質問に対する皆様のお答えeメールの何通かを今晩読ませていただきたいと思います。チャーリー・シーンは思い切って発言しました。政府が9/11の隠蔽工作をしているという彼の主張に同意されますか?

ペンシルバニアのA.Jさん、A.J. ハマーとは無関係な方ですが、こう書いておられます。「立ち上がって、証拠によれば9/11は内部犯行だった、と主張する人々の一人として見なされようというチャーリー・シーンの勇気に対し、神のご加護のあらんことを。」

マサチューセッツのダンさんは我々に同意されています。: 「要するに、政府は我々に嘘を言っているのだ。政府は嘘を言い続けており、責任を明らかにしているとは誰も思っていない。」

けれども、バージニアのニックさんは、陰謀論には賛成できないとおっしゃっています。: 「政府はアメリカ人で構成されている。アメリカの大地にテロリスト攻撃を招きたいと考えるような人を私は一人も知らない。」

CNN.com/ShowbizTonightで投票いただけます。ShowbizTonight@CNN.comあてにメールをお送りください。ショウの後半で、もっと皆様のe-メールを読ませていただきたいと思っております。

ハマー: さて、実際、こうした9/11陰謀論には一体本当の部分があるのだろうか、と多くの方が疑念をもっておられます。この話題の両側面を調査した人物による詳細で客観的な意見が続きます。彼もライブで登場します。

http://www.prisonplanet.com/articles/march2006/250306showbiztonight.htm

------

シーン発言は、下記のCNNサイト等で、読み、聞くことができます。

http://www.cnn.com/video/player/player.html?url=/video/showbiz/2006/03/23/hammer.sheen.911.theory.cnn

http://www.cnn.com/video/player/player.html?url=/video/showbiz/2006/03/25/hammer.sheen.911.cnn&wm=native_mac

----------

アメリカの有名人発言ということでは、下記記事も。

元州知事ジェシー・ベンチュラ: WTC崩壊は制御解体だ

« B-52によるアメリカ上空の核弾頭ミサイル輸送は本当に事故だったのだろうか? | トップページ | ネオコン「ゴッドファザー」ノーマン・ポドレツ、 ブッシュに語る。イランを爆撃せよ »

911・人質事件関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335849/33422266

この記事へのトラックバック一覧です: チャーリー・シーンの「米政府が9/11事件を隠蔽工作」発言で激震:

« B-52によるアメリカ上空の核弾頭ミサイル輸送は本当に事故だったのだろうか? | トップページ | ネオコン「ゴッドファザー」ノーマン・ポドレツ、 ブッシュに語る。イランを爆撃せよ »

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

無料ブログはココログ