2019年3月18日 (月)

オマール女史のますますの健闘を祈る!

2019年3月8日 エリック・S・マーゴリス EricMargolis.com 「あなたが批判できない人を言ってくれれば、私は誰があなたのご主人か言おう」。 (ボルテールの言葉とされるもの)  イスラエルに関して、何であれ否定的に言うのは、長い間、アメリカ政治とメディアが避けたがる話題だった。イスラエルはわが国にとって...

» 続きを読む

2019年3月17日 (日)

イドリブ、シリア最後の戦線からの報道

2019年3月5日 Andre Vltchek New Eastern Outlook  少しの間、すべての銃が静かになった。  私はシリアのイドリブ、テロリスト最後のとりでの近くにいる。その多数がサウジアラビア、カタールと欧米「支援」を得て、トルコ経由でシリアに送り込まれた最も破壊的な反政府戦士が、文字通り、最後の決...

» 続きを読む

2019年3月16日 (土)

検閲官が勝つのだろうか?

2019年3月11日 Paul Craig Roberts  インターネットは、印刷メディアもTVメディアもNPRも宣伝省役となっている今、誠実な報道と言論の自由の機能を担う救済者と見られている。人々が、グーグル、フェースブック、ツイッターなどを離脱し、公式説明と一致しない内容を妨害しない代替メディアに移行する場合に限...

» 続きを読む

2019年3月15日 (金)

テロリストあるいは世間知らずの15歳の子供:テロ集団、内務省、どちらの看板娘?

2019年3月10日 Henry Kamens New Eastern Outlook  イギリス人ジャーナリストがシリア難民キャンプを訪れ、15歳の時にロンドンから「イラクとシリアのイスラムISIS」に加わるため旅した「イギリス人」少女を見つけた。今19歳のシャミマ・ベガムはインタビューされ、許しを求め、帰国を許され...

» 続きを読む

2019年3月14日 (木)

当初思われたより遥かに深刻なトランプ政権によるベネズエラ電力戦争

2019年3月10日 Stephen Lendman  木曜、混乱を最大にすべく、ラッシュアワー時間の午後5時00分に、ベネズエラのグリ・ダム水力発電所がサイバー攻撃された。  ベネズエラの最大80%が影響を受け、与えられた損害は最初考えられていたよりずっと深刻だ。この出来事の前には、何週間、あるいは何カ月もの計画があ...

» 続きを読む

2019年3月13日 (水)

トランプ再選運動を続ける民主党

2019年3月5日 Moon of Alabama  数週間前、Moon of Alabamaは、ロシアゲートは終わっていると報告した。  陰謀論を裏付けるものは、皆無、全く何も判明しなかった。トランプ選挙運動はロシアと共謀していなかった。無関係な税金問題や、いくつか些細な詳細に関し、捜査担当者にウソをついたかどで、何...

» 続きを読む

2019年3月12日 (火)

ベネズエラに関する国連報告を見て見ぬふりをする売女マスコミ

2019年3月8日  皆様のウェブサイトをご支援願いたい。  私は皆様との約束を守っている。読者にも約束を守っていただきたい。  ベネズエラに関する国連報告を見て見ぬふりをする売女マスコミ  ワシントンと、任命された罪人は、ベネズエラ打倒のためにウソを言い続けている Paul Craig Roberts  ベネズエラに...

» 続きを読む

2019年3月11日 (月)

ジュリアン・アサンジの迫害は真実の迫害だ

2019年3月6日 皆様のウェブサイトをご支援願いたい。https://www.paulcraigroberts.org/pages/donate/ ジュリアン・アサンジの迫害は真実の迫害だ 欧米の道義的破産 Paul Craig Roberts  「ジュリアン・アサンジの迫害は、我々の全てに対する征服だ。我々の独立、...

» 続きを読む

2019年3月10日 (日)

ワシントンの対シリア戦争

エリアス・サモ 2019年3月5日 Strategic Culture Foundation  私は最近、2019年2月6日に、ワシントンDCでの、非公開の招待者限定の会議に参加して、プレゼンテーションをするよう頼まれた。話題は「シリアに関する最近のアメリカの決定の戦略上の含意」だった。 私は会議に出席し、プレゼンテー...

» 続きを読む

2019年3月 9日 (土)

メイン号を忘れるな。ベネズエラでのCIA介入

2019年3月1日 デイビッド・ローゼン CounterPunch  1897年1月、旧西部の画で有名な19世紀の画家フレデリック・レミントンは、キューバに対するスペインの残虐行為をウィリアム・ランドルフ・ハーストのニューヨーク・ジャーナルのために描く仕事でハバナに滞在していた。彼はハーストにこう電報を送った。「万事穏...

» 続きを読む

«真実の語り部は検閲されている

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ