2021年9月27日 (月)

対コロナ政治…民主党も共和党も病気党

Finian Cunningham2021年9月16日Strategic Culture Foundation  アメリカの両政党がCovid-19流行を一層大きな惨事にしている。一方は、臆病で、もう一方は、かたくなな否定論で。  アメリカ政治の痛烈な超党派の大がまで、問題の同じ側にいると、二大政党をひとまとめにするの...

» 続きを読む

2021年9月26日 (日)

タリバン支配はどれだけ長く続くだろう?

2021年9月16日ワレリー・クリコフNew Eastern Outlook  (ロシア連邦で禁止されている運動)タリバンの政治的ステップの第一歩は、今後の接触の仕方と新アフガン当局との関係を決定するための国際社会による格別の注目だ。  これまでのタリバンに対する、いくつかの主張が、タリバンに対する将来の国際見解判断を...

» 続きを読む

2021年9月25日 (土)

平和と繁栄をもたらす鉄道とパイプライン

Brian Cloughley2021年9月14日Strategic Culture Foundation  ワシントンは事実に直面して、攻撃的姿勢を維持するよりも、中国とロシアに協力しなくてはならないことをアメリカは認めるべきだ。  国際商業輸送における、二件のきわだつ進展が、8月、9月に報じられたが、いずれも主流欧...

» 続きを読む

2021年9月24日 (金)

タワーと、帝国を崩壊させた9/11事件

Finian Cunningham2021年9月11日スプートニク  政治組織としてのアメリカ245年の歴史は戦争、更なる戦争の長い軌跡だった。その歴史の、ほぼ95パーセントの期間、この国は、全面的戦争や、代理紛争あるいは他の軍事的策略に関係していると推定される。  だが2001年の9/11テロ攻撃事件以来、アメリカは...

» 続きを読む

2021年9月23日 (木)

タリバン勝利は、この地域での過激派活動を強化する可能性がある

2021年9月13日ヴェニアミン・ポポフNew Eastern Outlook  アメリカで約3,000人の人々を死なせた恐ろしいテロ攻撃から、9月11日で、ちょうど20年だ。当時のアメリカ指導者は、世界に彼らが地球の主人であるのを示すため、世界に彼らの力と威力を見せるべくアフガニスタンを緊急に攻撃することに決めた。一...

» 続きを読む

2021年9月22日 (水)

アフガン戦士は「包摂的政権」を構築しない

2021年9月11日ウラジミール・ダニーロフNew Eastern Outlook  アフガニスタンで、アメリカ軍が(ロシア連邦で禁止された運動)タリバンを権力から追放した20年後、この過激派戦士集団が臨時政府編成を発表した。タリバン広報担当ザビフラー・ムジャヒドは彼が発表した、全ての臨時閣僚と政府の立場は、事実上、暫...

» 続きを読む

2021年9月21日 (火)

中国とロシアは一体なぜタリバン政権を支援しようとしているのか?

2021年9月9日Salman Rafi SheikhNew Eastern Outlook  一体なぜ、ロシアと中国がアフガニスタンでタリバン政権との関係を発展させると決めたのか中心的理由があるとすれば、それは現在アフガニスタンに存在するテロ・ネットワークを打ち破り、解体するアメリカの能力だ。20年もの戦闘後、(ロシ...

» 続きを読む

2021年9月20日 (月)

クリス・ヘッジズ:アメリカ帝国が画策する報復によるアフガニスタン人の苦難はノアの洪水なみの規模

2021年9月1日13時58分RT  クリス・ヘッジズ:アメリカ帝国が画策する報復によるアフガニスタン人の苦難はノアの洪水なみの規模  イラクやシリアやベトナムでと同様、アフガニスタンで恥をかかせられたワシントンは、自身の衰退しつつある権力や、愚かさや凶暴性には気付かないが、それでも、これらの真実を暴露する人々に対して...

» 続きを読む

2021年9月19日 (日)

9/11事件に対する20年の空涙

2021年9月10日ケイトリン・ジョンストン この記事を音声で聞く。  マスメディアは9月11日攻撃20周年を記念する記事やニュースを大量に送り出し、そうしたものの多くは、当日上院議員だった名士大統領の行動への愛情に満ちた回顧が目玉だ。ニューヨーク市やペンシルベニアや国防総省へのバイデンの広報儀礼...

» 続きを読む

2021年9月18日 (土)

独裁主義と軍事瀬戸際外交に、どっぷり漬かり続けるオーストラリア

2021年9月16日ケイトリン・ジョンストン この記事を音声で聞く。  オーストラリアは、対中国エスカレーションを調整するための暗黙ながら明白な目標を持った、アメリカとイギリスとのAUKUSと呼ばれる「強化版三国安全保障パートナーシップ」に加わった。Antiwarは、こう報じている。  バイデン...

» 続きを読む

«Minamata:いかに日本企業が共同体を汚染し、アメリカ人カメラマンがそれを暴露しようとつとめたか

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ