2020年2月21日 (金)

トランプはアメリカ軍をイラクに永久配備する計画

2020年2月17日The SakerブログへのEric Zuesse寄稿  公的に特定されるのを望まない、信頼できる非常に情報に通じた関係筋が、CENTCOM(アメリカ中央軍)指揮下ではなく、NATO指揮下で、アメリカ軍が永久にイラク駐留する合意に達したと、秘密で、私に知らせてくれた。  2月12日、NATO諸国の防...

» 続きを読む

トランプ支持者は、ライブアクション・ロールプレイではロン・ポール支持者の、ジョージ・W・ブッシュ支持者だ

2020年2月16日ケイトリン・ジョンストンCaitlinJohnstone.com  トランプ政権は、議会に、先月のイラン軍当局トップ、ガーセム・ソレイマーニー無人飛行機暗殺を正当化する公式声明を公開した。全く誰も驚かなかったが、正式声明は、暗殺を擁護するこの政権の元々の主張に真っ向から矛盾して、ソレイマーニーによる...

» 続きを読む

2020年2月20日 (木)

サウジアラビアに対抗して、ムスリム同胞団側につくかもしれないフーシ派

2020年2月14日キャサリン・シャクダムNew Eastern Outlook  「ここ数週間、イエメンの(ムスリム同胞団などの、様々なイスラム団体の政治的上部組織)アル=イスラのメンバーにより、アラビア半島でサウジアラビアの影響力を弱めるため、フーシ派との政略同盟を組織する取り組みが行われた」とサヌアの情報筋が独占...

» 続きを読む

2020年2月19日 (水)

バーニーがトランプを破るための民主党最良の希望である理由

Finian Cunningham2020年2月14日Strategic Culture Foundation  おそらく民主党は、あらゆる機会に、彼を反射的にあざ笑うのではなく、変化のために、時には、トランプ大統領に耳をかたむけるべきだ。民主党は、徹底的に憎んでいる共和党現職の打倒に必死だ。民主党が、激戦の中から大統...

» 続きを読む

2020年2月18日 (火)

アサンジに起きていることは我々全員に起きる

2020年2月10日TDオリジナルChris Hedges  スペインの民間警備会社アンダーカバー・グローバルの起訴されている所有者デイビッド・モラレスは、ウィキリークス創設者・発行人のジュリアン・アサンジがロンドンのエクアドル大使館にいた時に、彼の弁護士や他の訪問者とした会談の音声と映像記録をCIAに提供したかどで、...

» 続きを読む

2020年2月17日 (月)

大統領になりたくて政党を買収するオリガルヒ

2020年2月15日Moon of Alabama  マイク・ブルームバーグは世界九番目の金持ちだ。かつてニューヨーク市の共和党市長をつとめ、激しい人種差別と侮辱的性差別で知られているオリガルヒだ。彼は以来大統領になろうと決めた。  トランプで満足している共和党では立候補する可能性はないので、民主党候補者として出馬する...

» 続きを読む

2020年2月16日 (日)

中国ウイルスは新たな大恐慌を引き起こすだろうか?

2020年2月11日F. William EngdahlNew Eastern Outlook  歴史的に、大恐慌は、主要金融市場周辺での予想外の出来事で始まっている。1931年5月、ウィーンのオーストリア・クレジットアンシュタルト銀行の突然の破綻が、戦後ドイツの脆弱な銀行体制を丸ごと崩壊させ、主要なアメリカ銀行が根底...

» 続きを読む

2020年2月15日 (土)

アメリカからのドゥテルテの「軍事的自立」は中国の新たな機会を作るか?

Paul AntonopoulosCenter for Syncretic Studies研究員2020年2月12日  フィリピンは、アメリカとの訪問米軍に関する地位協定(VFA)を公式に終わらせると発表した。米軍駐留の否認は、中国が南シナ海の軍事化を拡大し、東南アジアで、米国駐留を大いに弱める好機になるだろう。VFA...

» 続きを読む

2020年2月14日 (金)

剣闘士修道院から右翼過激派を追いだそうとしているイタリア

2020年2月10日Andre VltchekNew Eastern Outlook  ニューズウィークでさえ、当意即妙に、極右新兵訓練所と書いたイタリアの修道院から、元ホワイトハウス戦略家で、ブライトバート編集者のスティーブ・バノンが、とうとう追い出された。  私は、しばらくの間、少数の他の人々とともに、トランプの元...

» 続きを読む

2020年2月13日 (木)

レイ・マクガヴァン:ドイツ・テレビがジュリアン・アサンジをわなにかけたウソを暴露

2020年2月6日Consortiumnews.com  スウェーデンによるジュリアン・アサンジに対する「強姦」事件でっちあげを明らかにする国連拷問問題特別報告者とのインタビューを、主要ドイツTV局が放送した。  コンソーシアム・ニュースへのレイ・マクガヴァン特別寄稿  この発行人が、アメリカ法廷行きと、その先の一生刑...

» 続きを読む

«中南米の活動家と先住民指導者にとって増大する危険

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ