2020年10月31日 (土)

民主党と売女マスコミはトランプ勝利を認めるまい

2020年10月29日Paul Craig Roberts 更新:大統領に対する陰謀  トランプが選挙に勝った場合、異議を申し立てられないほどの圧倒的勝利でない限り、民主党と、アメリカ・メディアは、トランプが勝利したと認めるまい。準備が整っている計画は、トランプ勝利を不正選挙のせいにして、トランプの就任式を阻止するため...

» 続きを読む

2020年10月30日 (金)

次期WTO事務局長は、ゲイツとダボスのアジェンダを強いるのだろうか?

2020年10月23日F. William EngdahlNew Eastern Outlook  影響力のある世界貿易機関(WTO)の次期事務局長がアフリカ生まれの、女性なのは、ほぼ確実だ。だが、そのどちらも、ナイジェリア生まれのンゴジ・オコンジョ・イウェアラのほぼ確実な指名が、心配の原因というわけではない。そうでは...

» 続きを読む

2020年10月29日 (木)

中国はなぜキルギスタンで起きている出来事に介入しないのか?

2020年10月23日ウラジーミル・ダニーロフNew Eastern Outlook  過去数年にわたり、中央アジア諸国の大多数は、社会的、経済的、政治的転換の時代を経験している。この地域は、是が非でも、輸送と社会的プロジェクトを適切に導入し、新しい雇用や産業やエネルギー施設を作り出し、教育の質と医療を改善する必要があ...

» 続きを読む

2020年10月28日 (水)

誰が当選しようと、勝利するのは戦争機構

2020年10月23日ケイトリン・ジョンストン  アメリカ政府は、もう一つの証拠がない選挙干渉の言説を推進しているが、今回はイランとロシアが標的だ。  これには消耗させられる。私は本当に、このたわごとを打ち込む必要があるのだろうか?  結構。オーケー。 また、始めよう。  ジョン・ラトクリフ国家情報長官とクリストファー...

» 続きを読む

2020年10月27日 (火)

ボリビアにとって、とうとう小さな希望の光

Stephen Karganovic2020年10月21日Strategic Culture Foundation  誰も驚いてはいないが、辞任させられたボリビアのエボ・モラレス大統領は、この前の日曜日の選挙で決定的に正当化された。2019年11月にモラレスを交替させた暫定政府政権によって暫定大統領として就任させられた...

» 続きを読む

2020年10月26日 (月)

アメリカと中国との緊張が高まるにつれ砲弾の餌食化の危険を恐れる台湾

Finian Cunningham2020年10月22日Strategic Culture Foundation  40年間のアメリカとの協力における「戦略的曖昧さ」の後、中国との武力衝突の場合、守られるかどうか「明快に」するため、台湾はワシントンに電話する前例のない動きをした。  ワシントン・ポストは、先週台湾の駐米...

» 続きを読む

2020年10月25日 (日)

アメリカに同盟者なし、人質のみ

2020年10月21日ケイトリン・ジョンストン  ボリビア新次期大統領ルイス・アルセは、スペインの国際報道機関EFEに、キューバやベネズエラやイランとの国交関係を復活させるつもりだと語った。これは、去年違法に権力を掌握した後、即座に大使館を閉鎖し、医師を追放し、それらの国々との関係を切断した、アメリカが支援したクーデタ...

» 続きを読む

2020年10月24日 (土)

ナゴルノ・カラバフ協議再び失敗 - 戦争終結は視野にない

Moon of Alabama2020年10月21日  我々の予想通り、ナゴルノ-カラバフ戦争停戦は続かなかった。アゼルバイジャン部隊は、シリアからトルコの傭兵によって支援され、南部戦線の低地で(黄色、青)新たな領土を獲得した。 ISWニュースによる 拡大する  地形図は、アルメニア部隊が防衛が困難な低地を去り、山地に...

» 続きを読む

2020年10月23日 (金)

なぜ帝国主義者が国民を洗脳し続けようとするのかを示すボリビア

2020年10月20日ケイトリン・ジョンストン  左翼のエボ・モラレス大統領が去年地滑り的勝利の後、リチウムに富んだ国から追放された、アメリカが支援したクーデターを、ボリビアは逆転したのだ。クーデター政権による支配の一年後、ルイス・アルセというモラレス内閣元閣僚の、もう一つの地滑り的勝利が社会主義運動(ムビミエント・ア...

» 続きを読む

2020年10月22日 (木)

バイデン家の連中がウクライナで「しでかす」前に、イラクとセルビアがあった

ジェームズ・ジョージ・ジャトラス2020年10月16日Strategic Culture Foundation  アメリカでは、懸念と恐怖さえもが高まる中、2020年11月の選挙が近づいている。  下記のような可能性がある。 なかなか決まらない大統領選挙結果。フロリダや他のいくつかの州の結果が、何週間も、何カ月も未決...

» 続きを読む

«永久戦争 アフガニスタンで、父親たちが巡回したのと同じ経路をパトロールするアメリカ兵

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ