2019年9月20日 (金)

核戦争は回避できるのだろうか?

2019年9月17日Paul Craig Roberts  これはサウジアラビアの石油施設に対する攻撃に対し、イランに責任があるというワシントンの固執で思い出した2018年3月19日記事の再掲載だ。たとえそれが本当だったとしても、ワシントンとって、どういう関係があるのだろう? イランはアメリカを攻撃してはいない。イラン...

» 続きを読む

アメリカ・中国「貿易」戦争? とんでもない! ターボ資本主義が敗北するだけだ!

2019年9月10日Andre VltchekNew Eastern Outlook  アメリカと中国間の「貿易戦争」について語り、書くことはこのごろ非常に人気が高い。だが本当に過熱した戦争が起きているのだろうか? それとも、我々が目にしているのは、単なる政治的、イデオロギー体系の衝突なのだろうか。一方は極めて成功して...

» 続きを読む

2019年9月19日 (木)

ワシントンが対サウジアラビア攻撃でイランを非難しなければならない理由 アメリカによる防衛の失敗

Finian CunninghamRT公開日時:2019年9月16日16時06分編集日時:2019年9月16日16時16分  サウジアラビア石油産業に対する衝撃的電撃作戦は、イランのせいにするアメリカ当局者による相次ぐ非難を招いた。責任転嫁の理由は単純だ。同盟国サウジアラビアを防衛する上での、ワシントンの壮大な失敗だ。...

» 続きを読む

エンターテイメントは国防だ。ロシアが銃ではなく弾薬しか持っていない理由

ティム・カービー2019年8月31日  ある種の遺伝的な運のおかげで、私は講演するのに何の恐怖もなく、実際、私にとっての第二言語ロシア語で、私の考えをどう聴衆に伝えられるかという面白い挑戦だと考えている。かなり長い間ロシア・メディアで働いた者として、私は結構頻繁にメディアの影響力と情報戦争についての講演を依頼される。愛...

» 続きを読む

2019年9月18日 (水)

アルマゲドンが差し迫っている?

2019年9月15日Paul Craig Roberts  彼がイスラエルが選んだ戦争にアメリカが尽力する確約をしようとする中、トランプ支持者は、トランプに彼らの声を聞かせるべきだ。アメリカ・イスラエル相互防衛条約は、イスラエルのための戦争にアメリカを尽力させる力をイスラエルに与えるはずなのだ。  歴史を思い出して頂き...

» 続きを読む

モスクワはマクロンのぺてんにだまされるのだろうか?

2019年9月17日Paul Craig Roberts  フランスのエマヌエル・マクロン大統領はアメリカの傀儡だ。彼はワシントンによってその座につけられたのだ。彼の現在の課題は、欧米に参加したいロシアのあこがれを利用して、ロシアのプーチン大統領をだますことだ。「ロシアは深くヨーロッパ人だ」(8月20日)、「ヨーロッパ...

» 続きを読む

2019年9月17日 (火)

イエメンで、アメリカのもう一つの恥ずかしい敗北が迫っている

Finian Cunningham2019年9月9日Strategic Culture Foundation  イエメンのフーシ派反政府派と秘密協議を行なっていることのトランプ政権による公式確認が、このアラブの国への軍事介入が脱出すべき救出不能な大惨事だというワシントンの認識を示している。  トランプ政権がサウジアラビ...

» 続きを読む

2019年9月16日 (月)

アメリカの運命を支配し続けている9/11詐欺

2019年9月13日Paul Craig Roberts  9/11の18周年記念日は終わったが、9/11は終わっていない。2001年9月11日、21世紀アメリカの決定的な出来事だ。ネオコンは、連中の偽旗事件を、権利章典を破壊し、アメリカ人を警察国家に引き渡すのに使い、イスラエルの利益のために中東を再編する目的で、中東...

» 続きを読む

大半のアメリカ人が9/11について決して聞いたことがない多くのことの一部

2019年9月11日 皆様のウェブサイトをご支援願いたい。 Paul Craig Roberts  イスラエルのモサド工作員であることが判明した「踊るイスラエル人」はツインタワー崩壊を撮影し、祝っている所を見つけられた。彼らは警察に逮捕され、捜査なしで解放されたが、911委員会報告書では言及されなかった。後にイスラエル...

» 続きを読む

2019年9月15日 (日)

ロシア・トーク番組人気司会者が世界大国の合州国がなぜ崩壊しつつあるかを語る(ビデオ)(Vesti)

2019年9月6日金曜日ロシアTVニュース  本記事はRussia Insider初出。  アメリカは、ロシア同様、常に拡大に関心を持っていた。ルイジアナ購入、アメリカ西部の征服やアラスカ併合を通して、アメリハは今日そうである世界強国になった。この文脈で、トランプ大統領がデンマークからグリーンランドを買いたいと思うのは...

» 続きを読む

«カラー革命香港に到来

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ