2017年2月25日 (土)

エリートは我々を救わない

Chris Hedges 2017年2月12日 Truth Dig わが国の民主主義的な制度に対する40年にわたる大企業による攻撃が、弱く、機能不全なものに変えた。大企業権益に仕えるために、効果と信頼性を放棄したこれらの組織、我々の防火壁であるはずだった。ところが連中は、猛攻下、よろよろしている。 労働組合は過去のもの...

» 続きを読む

2017年2月24日 (金)

トランプと我々全員にとっての危機

Paul Craig Roberts 2017年2月18日 エセ“対テロ戦争”は、NSAやCIAなどの諜報機関やFBIなどの犯罪捜査機関をゲシュタポ秘密警察機関に変身させるために利用されていることを、我々もそしてトランプ大統領も、理解する必要がある。莫大な軍/安保年間予算を支えるアメリカの世界覇権というネオコンの計略を...

» 続きを読む

2017年2月23日 (木)

フリン辞任は世界平和に役立つのだろうか?

2017年2月21日 F. William Engdahl New Eastern Outlook 僅か数日間、職務をおこなった後、トランプ大統領の国家安全保障主席顧問マイケル・フリン中将の突然の解任は、より平和な世界に関心をもっている人々にとっては、不幸に見えて、結局は幸福となるものかも知れない。シリア“和平”を巡り...

» 続きを読む

2017年2月22日 (水)

トランプ-トルドー会談は本当は一体何だったのか

Eric ZUESSE 2017年2月19日 アメリカ大統領ドナルド・トランプは、腐敗の“泥沼を干しあげ”、アメリカ国民による政府支配を取り戻すという公約で、大統領の座についたが、1月20日に、大統領職に就任して以来彼が実行しているのは、まさに逆のことだ。アメリカ政府の支配を、多国籍企業に、しかも実際には、大企業を支配...

» 続きを読む

2017年2月21日 (火)

“宮廷クーデター”と呼ぶむきもあろう

トランプの任期は200日も続かない - 歴代二番目の短さ Ronald L. Feinman 2017年2月18日 "Raw Story" 12月、ロシアの侵略行為に対し、バラク・オバマ大統領が対ロシア経済制裁策を発した後、一民間人として、ロシア大使に話したスキャンダルのため、国家安全保障顧問マイケ...

» 続きを読む

2017年2月20日 (月)

フリン辞任とトランプ危機の背後にあるもの: 帝国主義政策を巡る激烈な闘争

2017年2月15日 月曜日夜の国家安全保障顧問マイケル・フリン辞任後、トランプ政権は、政治危機のエスカレーションに直面している。マスコミや既成政治支配層の一部からの、トランプ就任前のフリンによるロシアとの接触についての議会調査と、その接触についてトランプが何を知っていたのか、彼が承知し、彼の承認のもとでフリンが動いて...

» 続きを読む

2017年2月19日 (日)

危険な岐路: 新冷戦はモスクワが従うまで続くと、トランプがロシアに宣戦布告

Eric Zuesse Global Research 2017年2月16日 2017年2月14日 アメリカのドナルド・トランプ大統領は、ロシアにとって(そして圧倒的大多数の国民にとって)屈辱的であるのみならず、倫理にもひどく反する二つの条件に、ロシアが応じるまで、アメリカとロシア間の新冷戦が継続することを、2月14日...

» 続きを読む

2017年2月18日 (土)

トランプ大統領: 安らかに眠りたまえ

2017年2月16日 Paul Craig Roberts ドナルド・トランプは大統領の権力を過信していたのだろうか? 答えはイエスだ。 トランプの主席顧問スティーブン・バノンは政治的に未熟だろうか? 答えはイエスだ。 この二つの質問に対する答えから、トランプは、彼の手には負えない状況にあり、大きな代償を支払うことにな...

» 続きを読む

2017年2月17日 (金)

フリンの首が飛んだ。次はトランプの番?

Finian CUNNINGHAM 2017年2月15日 Strategic Culture Foundation トランプが大統領に就任してわずか三週間で、トランプの国家安全保障顧問マイケル・フリンの辞任を強いて、ワシントン既成支配体制のトランプの政敵は大成功を収めた。国家諜報機関や、彼らと足並みを揃える大手商業マス...

» 続きを読む

2017年2月16日 (木)

ロシアを混乱させることを狙う欧米権益

Paul Craig ROBERTS 2017年2月14日 “石油とエネルギー・ニュースのNo. 1情報源”と自ら謳うoilprice.comのロバート・バーク記事は、既得権益集団が、いかにして政策選択肢を自ら形成し、物事の成り行きを支配しているかをまざまざと示している。 ロシア、イランと中国の同盟を崩壊させ、石油民営...

» 続きを読む

«トランプはユーロを破壊するだろうか?

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

無料ブログはココログ