2019年6月18日 (火)

グワーダルとチャーバハールの地政学港湾政治

2019年6月8日Salman Rafi SheikhNew Eastern Outlook  木曜日(5月23日)、大いに驚くべき動きで、イラン外務大臣は、予定外の発表されていなかったパキスタン訪問で、パキスタンのグワーダル港とイランのチャーバハール港とを結ぶ提案を発表した。この発表はアメリカとイラン間で緊張が高まる...

» 続きを読む

2019年6月17日 (月)

北アメリカとヨーロッパの大衆:いいかげんに目を覚ませ、まったく!

Andre Vltchek2019年6月6日New Eastern Outlook  毎年、毎月、私は世界の両側を見ている。ますますかけ離れてゆく二つの両極端を。  シリアのホムスのような偉大な都市がぞっとするほど崩壊されたのを見る。アフガニスタンのカブールやジャララバードが、NATO占領軍と彼らの現地の傀儡を守るのを...

» 続きを読む

2019年6月16日 (日)

記事はアメリカ人のだまされやすささえ越え始めている

2019年6月15日Paul Craig Roberts  過去二日間に面白い展開があった。アメリカかイスラエルが、小型ロケットで日本の船舶を攻撃し、それをイラン機雷のせいにしようとした。日本の船舶所有者が偽旗事件を中断させた。彼は被害は喫水線の下ではなく上で、物体が空中を近づいてくるのに乗務員が気付いたことを指摘した...

» 続きを読む

ベネズエラ策謀をうっかりしゃべったポンペオ

Finian Cunningham2019年6月8日スプートニク  アメリカのマイク・ポンペオ国務長官が、ベネズエラにおけるワシントンの政権転覆画策の秘密をうっかり漏らした。公式メディア言説では、アメリカは民主化大衆運動を支援していないのだ。 現職大統領ニコラス・マドゥロに対する語るに値するような反対運動は皆無だとポ...

» 続きを読む

2019年6月15日 (土)

トランプが停戦を主張する中、アメリカがシリア・テロリストを武装している益々多くの証拠

Finian Cunningham2019年6月9日Strategic Culture Foundation  2016年にドナルド・トランプが大統領に立候補した際、シリア・テロリストに「爆弾を徹底的に投下する」と彼が自慢したことを想起願いたい。今は逆で、トランプはシリアと同盟国のロシアの軍隊に、シリア・テロ集団最後の...

» 続きを読む

2019年6月14日 (金)

オマーン湾の船に対する今日の攻撃はイランのためにならない -あるいはなるのか(更新)

Moon of Alabama2019年6月13日 更新は下記  今朝早く6:00 UTC頃、オマーン湾の二隻のタンカーが地上兵器で攻撃された。二隻はイランのバンダル・ジャスク港南東約50キロ、フジャイラの東約100キロ強にあった。 拡大する  マーシャル諸島共和国船籍の長さ250メートルの原油タンカー、フロント・ア...

» 続きを読む

ファーウェイに対するアメリカの戦争は技術主権に対する戦争

2019年6月4日Ulson GunnarNew Eastern Outlook  中国の巨大通信機器メーカー、ファーウェイと互角に競争することができないので、代わりに、アメリカという国と、国内海外の政策に影響力がある企業は、チップ製造や携帯電話のオペレーティング・システムを含めた多くの独占商品を、ファーウェイへの供給...

» 続きを読む

2019年6月13日 (木)

経済状態

2019年6月6日 皆様のウェブサイトをご支援願いたい。  読者の皆様:我々は、我々が与えらている説明で我々の認識が支配されている、ウソの『マトリックス』の中で暮らしているのだ。我々の認識に対する支配は普遍的なものだ。それは我々の存在のあらゆる場面に当てはまる。下記の記事で、私は、我々の経済に対する理解が、単に我々の心...

» 続きを読む

2019年6月12日 (水)

「自由ガス」を選択する以外の自由がないヨーロッパ

2019年6月6日Tony CartalucciNew Eastern Outlook  アメリカ・エネルギー省(DoE)は、最近アメリカ液化天然ガス(LNG)輸出を「自由ガス」と名称変更した。しかし一体誰にとっての自由だろう? 既に安価で信頼性の高い天然ガスの供給源があるのに、制裁という恫喝の下で、より高価なアメリカ...

» 続きを読む

2019年6月11日 (火)

ロシアとの戦争をでっちあげる

2019年6月3日Chris Hedgestruthdig  ドナルド・トランプと彼の選挙運動は、2016年大統領選挙戦の際にロシアと共謀していないというロバート・マラー報告の結論にもかかわらず、モスクワとの新冷戦は和らぐ兆しをほとんど示していない。それはアメリカ武器製造業者にとって、何十億ドルもの利益となる、NATO...

» 続きを読む

«ジュリア・アサンジ殺害

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ