2019年11月20日 (水)

ウォールストリート・ジャーナル調査、Googleが検閲ブラックリストを運用しているのを確認

2019年11月18日wsws.org  ウォールストリート・ジャーナルによる調査が、2017年、World Socialist Web Siteが、Googleインターネット検閲に関して行った主張の多くの主要部分を確認した。  金曜、ジャーナルが掲載した包括的な記事で、Googleは繰り返す主張に反し、同社は個別ウェ...

» 続きを読む

2019年11月19日 (火)

アメリカを危険な道へ追いやる民主党

2019年11月14日Paul Craig Roberts  エセ「内部告発者」の名前エリック・チャラメラは、長い間知られてはいるが、公式にではなかった。今やそれは公式だ。ランド・ポール上院議員が正式に彼の名前を公表したのだ。共和党だけがチャラメラが証言するのを望んでいるというのは滑稽ではなかろうか。民主党は聞こうとし...

» 続きを読む

ボリビア・クーデター:五つの教訓

 アルゼンチンの社会学者アティリオ・ボロンが、ボリビア・クーデターについての重要な考えを示している。 2019年11月13日アティリオ・ボロン Peoplesdispatch  エボ・モラレスは軍事クーデターで、大統領を強制的に辞任させられた。  ボリビアの悲劇は、我々の人々や社会勢力や政治勢力が学んで、我々の良心に永...

» 続きを読む

2019年11月18日 (月)

ボリビアは中南米がアメリカ帝国を脱出できないことを証明

2019年11月15日Paul Craig Roberts  ボリビアのスペイン系エリートの一人ヘアニネ・アニェスが自身をボリビア大統領だと宣言した。彼女は、再選を不正操作したと言ってエボ・モラレスを非難したワシントンと同盟しているエリートの一人だ。だがモラレスに大統領辞任を強いたCIAのボリビア人従僕連中は選挙を気に...

» 続きを読む

2019年11月17日 (日)

トランプ、韓国に5倍増の支払い要求

トランプの47億ドル要求を正当化するのに当局はおおわらわJason Ditz2019年11月14日Antiwar.com  韓国は歴史的に米軍駐留経費の異常に大きな割合を支払っているが、トランプ大統領の圧力で、今年早々韓国は大幅増加に同意し、毎年9億2400万ドル支払うことになった。  その時以来、トランプは何度か、も...

» 続きを読む

ジャカルタを放棄して、首都をボルネオに移転の身勝手さ、汚職、殺人

2019年11月12日Andre VltchekNew Eastern Outlook  ジャカルタを捨てて、インドネシアでカリマンタンとして知られる島ボルネオの真ん中に何らかのポチョムキン村を築こうとするのは間違っている、全く間違っている。  なぜかという多くの理由があり、ここで少なくとも、そのいくつかに触れたい。 ...

» 続きを読む

2019年11月16日 (土)

「出版・報道の自由」など存在していない

2019年11月13日Paul Craig Roberts  ウド・ウルフコッテの驚くべき本、Gekaufte Journalisten(買収さたジャーナリズム)は2014年にコップ・フェアラークにより刊行された。本は大評判となり、ドイツで1,500,000部売れたが、アメリカの主要出版社は英語訳を出版したがらなかった...

» 続きを読む

2019年11月15日 (金)

釈放されたルーラ、激怒するボルソナーロ

Danica Jorden2019年11月11日openDemocracy  憲法裁判所裁定により、ルーラが暫定的に釈放された。かなりのブラジル国民が喜びと希望でニュースを歓迎した。だがボルソナーロは激怒で反応し、彼を「有罪の人間のかす」と呼んだ。 ***  2019年11月8日金曜、元ブラジル大統領ルイス・イナシオ・...

» 続きを読む

2019年11月14日 (木)

ボリビア報道で「クーデター」という単語を頑固に避ける主流マスコミ

2019年11月11日ケイトリン・ジョンストンCaitlinJohnstone.com  ボリビアで強暴な右翼暴徒とアメリカ政府に支援された軍事クーデターがおきたが、主流メディアの大見出しのどれからも、ほとんどこれを知ることはできない。 「ボリビアのエボ・モラレス大統領は不正選挙非難の後、退任」とCNNが主張する。 「...

» 続きを読む

2019年11月13日 (水)

イエメン戦争の大詰めが始まった

2019年11月6日M. K. BHADRAKUMARIndian Punchline  2019年11月5日、リヤドで、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマーン皇太子と、アブダビのモハンマド・ビン・ゼイド皇太子が、イエメン政府と南部暫定評議会のリヤド合意署名に立ち会った。  11月5日にリヤドで署名された、アブド...

» 続きを読む

«アメリカは社会主義の用意ができているのだろうか?

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ