2021年4月13日 (火)

バイデン政権は、なぜロシアを攻撃するようウクライナを駆り立てているのか?

ロン・ポール2021年4月5日月曜日Ron Paul Institute for Peace and Prosperity  3月24日、ウクライナのウラジーミル・ゼレンスキー大統領は、本質的にロシアに対する宣戦布告に署名した。大統領命令No. 117/2021という題の文書で、アメリカに支援されるウクライナ代表は、そ...

» 続きを読む

2021年4月12日 (月)

ネオコンと、しっかり息を合わせるブリンケン

Wayne Madsen2021年4月11日Strategic Culture Foundation  バイデンの西半球外交政策はオバマのものとほとんど変わらないとWayne Madsenは言う。  俗に言う望ましくない連中同様、バラク・オバマ政権を悩ませたネオコン帝国主義者がジョー・バイデン国務省に大挙して現れた。ア...

» 続きを読む

ゲームのルールを変えつつある中国とイラン

2021年4月2日ワレリー・クリコフNew Eastern Outlook  3月27日、テヘランでの中華人民共和国の王毅外務大臣と、イランのハッサン・ロウハニ大統領の会談で、王毅は、中国はイランに対する一方的制裁に反対し、「覇権に反対し、国家主権と尊厳を防衛する上で」イランを固く支持すると述べた。中華人民共和国の外務...

» 続きを読む

2021年4月11日 (日)

いわゆる「冷戦2.0」は核兵器やミサイルの問題ではない

2021年4月5日Salman Rafi SheikhNew Eastern Outlook  アメリカと中国/ロシア間で起こりつつある、いわゆる「冷戦2.0」は第二次世界大戦後のシナリオと、ほとんど似ていない。現在のシナリオは、二つの基本的な点で異なっている。それは、一方が他方を圧倒しようとする、共産主義と資本主義と...

» 続きを読む

2021年4月10日 (土)

アメリカとNATO同盟諸国は、一体いつリビア略奪の責任を取るのだろう?

2021年4月4日ウラジーミル・オディンツォフNew Eastern Outlook  2011年、欧米が約束した「民主主義と自由」の代わりに、アメリカ合州国とそのNATO同盟国に浴びせられた軍事侵略の結果、リビアは深刻な経済、社会問題に陥った。そして過激派と国際犯罪の温床となった。  アメリカの出版物Diario d...

» 続きを読む

2021年4月 9日 (金)

韓国は、クアッド+メンバーになるだろうか?

2021年4月2日コンスタンチン・アスモロフNew Eastern Outlook  アメリカ政府は、2007年に中国を封じ込めるため立ち上げた戦略フォーラム、四カ国戦略対話(クアッド)拡大版に韓国も入れようと努めている。クアッドは、オーストラリア、インド、日本とアメリカで構成されているが、アメリカは、韓国、ニュージー...

» 続きを読む

2021年4月 8日 (木)

中国は、アジアをどのように造り変えようとしているのか

2021年4月1日Salman Rafi SheikhNew Eastern Outlook  中国とイランが、今後25年で数十億ドルの協定に署名し、中国自身の経済政策と、いかなる国の参入も許さない欧米と西アジアの余りに親密な結びつきの理由から、かつて、とうてい想像できないと思われていた形で、中国が西アジア/中東で、存...

» 続きを読む

2021年4月 7日 (水)

岐路に立つミャンマー

2021年3月31日ドミトリー・モシャコフNew Eastern Outlook  2021年2月1日に権力を掌握した軍に対し、無数の街頭デモが沈静化しないミャンマーで起きている出来事は大いに注目されている。文民政府から軍事政権へと変化したが、事態がどのように進展するのか全く不明なのだ。軍は権力を維持することが可能なの...

» 続きを読む

2021年4月 6日 (火)

バイデン最初の記者会見に関する欧米メディアの見方

2021年3月31日ウラジーミル・ダニーロフNew Eastern Outlook  予想通り、バイデンがウラジーミル・プーチンが提案したライブ討論を恥ずかしくも逃げた後、新大統領のイメージを修復しようとするホワイトハウスの試みは、国際メディアによれば完全な大失敗となった。新たに選出されたアメリカ大統領の本格的記者会見...

» 続きを読む

2021年4月 5日 (月)

イランと中国にとって、貿易協定より重要なこと

2021年3月30日ジェームズ・オニールNew Eastern Outlook  数年の交渉後、中国-イラン協定は最終的に署名された。今後25年にわたり、中国はイランに対し、数十億ドルの投資をする。協定に署名して、中国は、全世界、特にアメリカに、イランに対する現在のアメリカの態度、とりわけ国連安全保障理事会の常任理事国...

» 続きを読む

«反中国同盟構築はアジアでの政治生命にとってアメリカ最後の試み

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ