簡単な10のステップで実現できるファシスト・アメリカ(日本?)(冒頭部分)

1 国内と国外に恐ろしい敵を作り上げる
2 政治犯収容所を作る
3 暴漢カーストを育成する
4 国内監視制度を作り上げる
5 市民団体に嫌がらせをする
6 専断的な拘留と釈放を行う
7 主要人物を攻撃する
8 マスコミを支配する
9 反対は反逆に等しい
10 法の支配を停止する

選挙時期与党のみならずマスコミ=大本営広報部まで野党の中傷攻撃。自民党別働隊Dappi。この文章は簡潔に与党の意図を解説している。いささか長文だが再読頂く価値はあるだろう。本文はこちら。表題で検索するとGoogleもYahooも表示せず複写サイトのみ表示。小生二大サイトを「隠蔽エンジン」と呼んでいる。DuckDuckGoでは「簡単な10のステップで実現できるファシスト・アメリカ(日本?)」で表示される。

全文はこちら

2024年5月28日 (火)

プロパガンダの劣化度合いは実際驚くべきほど

 どれだけ馬鹿げた話を人々に信じ込ませられるか見るために、連中が我々に実験をしているように感じることが時々ある。 ケイトリン・ジョンストン2024年5月26日  物語のマトリックスの端からのメモ  この英語記事の朗読を聞く(朗読:ティム・フォーリー)。  進行中の大量虐殺に反対するのはユダヤ人差...

» 続きを読む

2024年5月27日 (月)

我々がうそをつかれるのはままあることだが、人々がそれに気づいているのは希なことだ

ガザにおける欧米帝国の堕落や、それに関するマスメディアの絶え間ない嘘や歪曲は何ら珍しいことではなく、こうしたことを連中が毎年絶えず行っているのを理解することが重要だ。希なのは、人々がそれに目覚めつつあることだ。 ケイトリン・ジョンストン2024年5月22日  物語マトリックスの端からのメモ  この英語記事の朗読を聞く...

» 続きを読む

2024年5月26日 (日)

ブリンケンの大失敗はアメリカ権力と外交破綻の象徴

2024年5月24日論説Strategic Culture Foundation  有能な外交官は緊張を煽るのではなく、和らげるよう努めるべきだ。イラン国民に対するブリンケンの卑劣な侮辱は無謀な挑発行為だ。 ️Telegram , Twitter , と VK でご参加願いたい。 お問い合わせ:in...

» 続きを読む

問題は市民的不服従ではなく市民的服従だ

 問題は政府に対して人々が過激化し過ぎつつあることではなく、人々が十分過激化していないことだ。 ケイトリン・ジョンストン2024年5月21日  この英語記事の朗読を聞く (ティム・フォーリーによる朗読) 。  私たちの社会には反ユダヤ主義の危機はない。極左急進主義やイスラム過激主義やテロ支援や外国勢力による反対意見扇...

» 続きを読む

2024年5月25日 (土)

ニューカレドニアは新植民地主義の棺に打ち込まれたもう一本の釘

2024年5月23日Bakhtiar UrusovNew Eastern Outlook  欧米諸国の社会的、経済的問題が増大するにつれ、それらの海外領土や傀儡政権の南半球従属国住民は、益々自治を求める闘争を支持する声を上げている。20世紀の1960年代、反植民地運動復活の瀬戸際に我々はいるのかもしれない。  まず、西...

» 続きを読む

2024年5月24日 (金)

「情報源」が夢想したハリコフ包囲網

2024年5月21日Moon of Alabama  昨日、エコノミスト紙は、部分的にハリコフを包囲するロシアの計画とされるものについて下記の通り報じた。 ハリコフを守るためのウクライナの必死の闘い(アーカイブ)  これがロシアの計画である可能性は低いと私は考えている。  取得され、エコノミスト誌が詳細を共有した...

» 続きを読む

2024年5月23日 (木)

ウクライナでの敗北をフランスは正当化しようとしているのか?

ルーカス・レイロス2024年5月17日Strategic Culture Foundation  戦場への軍隊派遣は、ウクライナで既に起きている傭兵死亡を正当化するためのフランス政府による策略の可能性がある。 ️Telegram , Twitter , と VK でご参加願いたい。 お問い合わせ:i...

» 続きを読む

2024年5月22日 (水)

中東で憎悪と暴力を意図的に煽るアメリカ帝国

 中東における軍事暴力によって引き起こされる急進主義をアメリカ帝国がどのように利用して、この地域での更なる軍事拡張主義を正当化し、更なる軍事暴力につなげているかをご覧になったことはないだろうか? ケイトリン・ジョンストン2024年5月15日  この英語記事の朗読を聞く (ティム・フォーリーによる朗読)。  自分たちに...

» 続きを読む

2024年5月21日 (火)

ウクライナ情況報告:ハリコフ侵攻の分析 - 対ロシア攻撃とロシアの報復

2024年5月18日Moon of Alabama  5月11日、ハリコフへのロシアの動きを分析して、それはハリコフ占領のためではなく、国境に沿って「安全地帯」を作ることを考えていると私は結論付けた。  したがって、ハリコフ攻勢は、ロシアとの北側国境に沿ったウクライナ領土に、おそらく深さ10キロの緩衝地帯を作り出すこ...

» 続きを読む

2024年5月20日 (月)

アメリカ:大学紛争と政府の政策

2024年5月15日Viktor MikhinStrategic Culture Foundation  アメリカの大学で起きている最近の出来事、武装警察や親イスラエル団体や当局により平和的な学生抗議行動参加者が暴力的に逮捕され、殴打され、悪者扱いされるのを見た世界中の人々に衝撃を与えた。アメリカ社会の多くの構成員、特...

» 続きを読む

«ウクライナ情況報告:終焉を迎えた軍隊と国家

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ