2021年5月10日 (月)

地域の専門家さえ困惑させるトルコの新「はた迷惑」役

マーティン・ジェイ2021年5月3日Strategic Culture Foundation  移り気なレジェップ・エルドアンは、一体どうして国防総省とロシアとの軍事地政学論争で、窮地に立つことになったのだろう?  4月は、アンカラを本拠とする海外特派員にとって、世界におけるトルコの役割に関するニュースの果てしない流れ...

» 続きを読む

2021年5月 9日 (日)

「人権」に関するおしゃべりをやめられない世界で最も暴虐な政権

2021年5月2日ケイトリン・ジョンストン  この記事を音声で聞く。  「アメリカは、人権と基本的自由に対する我々の誓約から決して後退しない」と水曜日、大統領のツイッター・アカウントに書かれている。「基本的人権が侵害される時、黙ったままでいられる責任あるアメリカ大統領はいない。」  このツイート、アメリカ大統領の議会...

» 続きを読む

2021年5月 8日 (土)

一時代の終焉?アフガニスタンは今や請負業者の墓場でもある。

 絶頂時、彼らはアフガニスタンで約90,000人の影の軍隊を構成していたが、彼らの問題ある権勢は終わりつつある。 2021年4月27日Kelley Beaucar VlahosResponsible Statecraft  9/11事件後の戦争請負業者、米軍向け警備や尋問サービスは言うまでもなく、食糧や輸送や燃料や建設...

» 続きを読む

2021年5月 7日 (金)

今中東でゲリラ戦争に直面するアメリカ占領軍

2021年4月28日ウラジーミル・ダニーロフNew Eastern Outlook  最近数十年、アメリカ合州国は、破壊的行動によって混乱に陥れた国々の住民の利益を全く無視することで知られている。このような国々には、アフガニスタンやイラクやシリアが挙げられるが、問題は、この無視のおかげで、ワシントンが反米感情の着実な増...

» 続きを読む

2021年5月 6日 (木)

緊張が悪化し、直接対決に向かうイスラエルとイラン

2021年4月29日ウラジーミル・プラートフNew Eastern Outlook  イランとの「核合意」へのアメリカの復帰可能性を背景に、テルアビブは、最近明らかにテヘランの核開発計画を傷つけ、この産業のみならず、イスラム共和国全体に損害を与えるため諜報機関の活動を強化している。同時に、イスラエル当局は、彼の前任者が...

» 続きを読む

2021年5月 5日 (水)

ワシントンは熊のわなにエルドアンを誘い込んだのか?

2021年4月29日F.William EngdahlNew Eastern Outlook  先進的なS-400ロシア防空システムをトルコが購入するのを阻止し損ねた後、ここ数カ月、ワシントン外交は、ウクライナ、アフガニスタンやリビアからアルメニアまで、いくつかの重要な国々におけるアメリカの権益を支持するよう、トルコの...

» 続きを読む

2021年5月 4日 (火)

高い発射速度が必要な時は何かおかしいのだが、ミサイルは1発5億ドルする

2021年4月28日Moon of Alabama  北朝鮮は、アメリカ合州国を、どのように破壊しかねないか想起させてくれた。 新たに公表された数字によれば、国防総省は、バイデン政権の最初の主要な国防物資調達として、ほぼ180億ドルを使って、北朝鮮やイランから飛来する核弾頭ミサイルを止めるための新型迎撃ミサイルを開発...

» 続きを読む

2021年5月 3日 (月)

アメリカ-トルコ関係の越えてはならない一線

2021年4月28日ウラジーミル・オディンツォフNew Eastern Outlook  第二次世界大戦後、トルコは、この地域で何年もアメリカの「右腕」と見なされていたにもかかわらず、最近二つのNATO同盟国、ワシントン・アンカラ関係は目立って悪化し始めた。  前世紀中、アメリカは様々な状況で、トルコを、典型的に、ワシ...

» 続きを読む

2021年5月 2日 (日)

中国との不必要な経済戦争で犠牲になるオーストラリアの利益

2021年4月27日ジェームズ・オニールNew Eastern Outlook  今週オーストラリア政府は、予想されてい措置を行い、オーストラリアのビクトリア州が中国と署名していた一帯一路構想協議を中止した。動きは予想外ではなく、しばらく前に政府が示していた。キャンセルの表向きの理由は、オーストラリア安全保障の利益に反...

» 続きを読む

2021年5月 1日 (土)

ノマドランド:(ほとんど)経済的理由から路上に追いやられた人々

デイビッド・ウォルシュ2021年2月19日wsws  クロエ・ジャオ監督;ジャオ脚本、原作 ジェシカ・ブルーダー ノマドランドのフランシス・マクドーマンド  中国系アメリカ人クロエ・ジャオ監督(ザ・ライダー、2017年)、フランシス・マクドーマンド主役の「ノマドランド」は、同題名のジェシカ・ブルーダーによるノンフィクシ...

» 続きを読む

«二つの同時外訪、「両方に良い顔はできない」

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ