2019年5月22日 (水)

反証にもかかわらずグリホサートはOKと言うアメリカ環境保護庁

2019年5月9日F. William EngdahlNew Eastern Outlook  アメリカ環境保護庁(EPA)は、おそらく発がん性があるだけでなく、身体を衰弱させる他の複数の健康問題の原因でもあるという警鐘的な証拠が増えているにもかかわらず、この論争の的であるグリホサート除草剤の認可更新を認めることに決め...

» 続きを読む

2019年5月21日 (火)

今、鉄道に夢中なインドネシアと支援の用意ができている中国BRI

2019年5月9日Andre VltchekNew Eastern Outlook  つい最近まで、インドネシア鉄道は全くの大惨事だった。鉄道網はオランダ植民地時代と比較して、1950年には劇的に6,811キロから5,910キロまで、そして最近では、悲惨な3,000kmにまで縮小していた。  わずか数年前は乗客が錆び...

» 続きを読む

ドル覇権にとってのリスクが、ベネズエラ「政権転覆」の背後の主目的

2019年5月8日ピーター・ケーニッヒNew Eastern Outlook  新たなクーデターの企て、というかプロパガンダ・クーデターの後、ベネズエラは、外国が押し付けた不安定状態にある。クーデター未遂は、4月30日に、ワシントンで教育され、支持された自称「暫定大統領」フアン・グアイドと、自分たちが何をしようとしてい...

» 続きを読む

2019年5月20日 (月)

トランプは対イラン戦争に向けてはめられつつある

2019年5月12日Paul Craig Roberts  トランプは愚かな任命をした結果、成功した大統領となる可能性を破壊した。現在彼は、ジョン・ボルトン国家安全保障担当補佐官とイスラエルによって、対イラン戦争に向けてはめられつつある。  イラク、リビア、シリアとベネズエラに対して利用されたウソと同じ手法を使って、ボ...

» 続きを読む

NGO千里馬民間防衛という仮面の下に隠されているのは一体何だろう?

2019年5月1日コンスタンチン・アスモロフNew Eastern Outlook  マドリッドの北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)大使館攻撃と、その黒幕、以前は千里馬民間防衛として知られ、現在は、自由朝鮮と呼ばれる脱北者集団の謎めいた組織に対する調査を我々は継続している。我々が見た最新のニュースは、4月18日に、アメリ...

» 続きを読む

2019年5月19日 (日)

中国の中米戦略の正念場

アンドリュー・コリプコ2019年5月6日Eurasia Future  エルサルバドルとパナマの次期大統領が、中華人民共和国に対し、前任者より厳しい姿勢をとることを誓い、新冷戦における自国の戦略上の立場を最大にしようと、アメリカを中国と競争させる狙いで、アメリカと接触する用意があるように見える最近の選挙による中米の二つ...

» 続きを読む

2019年5月18日 (土)

ペルシャ湾の船舶「破壊活動」で本当に利益を得るのは誰だろう

フィニアン・カニンガム2019年5月15日写真:WikimediaStrategic Culture Foundation  「イランの攻勢」という劇的な事前に筋書きが書かれていたのが明白な好戦的なアメリカ当局者による警告の後、実に好都合に、ペルシャ湾岸地域でイランを巻き込むような破壊活動事件とされるものが起きた。  ...

» 続きを読む

2019年5月17日 (金)

我々の意識と誤った歴史認識を作り出すウソ

2019年5月9日Paul Craig Roberts  私の世代は、ジョージ・オーウェルの『1984年』のようなディストピアといえば、言論が管理されていて、スターリンを批判すれは収容所に追いやられる国、ソ連を連想した。我々は、ここアメリカや、そこでの我々の生活は全く違うものだと考えていた。だが、時がたつにつれ、20世...

» 続きを読む

2019年5月16日 (木)

地政学勢力の構造的転換を示したBRIフォーラム

2019年5月7日ジェームズ・オニールNew Eastern Outlook  2回目のBRIフォーラムは2019年4月21日から27日まで北京で開催された。40人の政府首脳と90の国際組織代表者を含め、150の国から代表者5000人が参加した。  16の他の中欧と東欧の国に加わって、覚書にイタリアが署名した、中国の習...

» 続きを読む

2019年5月15日 (水)

『1984年』より酷いディストピアに覚悟はおありだろうか?

2019年5月7日Paul Craig Roberts  ロボットの恐ろしい経済的帰結を懸念する上で私は孤独だったが、Clarity Pressが、デイビッド・バーナイザーとダニエル・バーナイザーによる本、The Artificial Intelligence Contagion(人工知能という接触感染病)を刊行してく...

» 続きを読む

«大企業支配政府下において、企業検閲は国家検閲だ

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ