2014年7月23日 (水)

当てこすりによって有罪

アメリカ・プロパガンダの機能のし方 Paul Craig Roberts 2014年7月21日 ロシアのプーチン大統領による、マレーシア旅客機の事件に対する、専門家による、客観的な、政治色の無い国際調査という呼びかけに、アメリカ政府が参加しない理由は一体なぜだろう? ロシア政府は、旅客機がミサイル・システムによって、そ...

» 続きを読む

2014年7月22日 (火)

アメリカがイラン航空655便を撃墜した日

Niles Williamson 2014年7月19日 wsws.org アメリカ政府が、いかなる具体的証拠も提示していない状況下で、アメリカ・マスコミは、東ウクライナにおけるマレーシア航空17便墜落を、ロシアの責任にしようと急いている。対ロシア・プロパガンダ・キャンペーンの際立った特徴は、この悲劇と、1983年、ソ連...

» 続きを読む

2014年7月21日 (月)

マレーシア旅客機に何が起きたのか?

Paul Craig Roberts 2014年7月19日 ワシントンのプロパガンダ装置がフル回転しているので、我々は既知の事実すら失いかねない危険な状態にある。 分離主義者には、高価なブーク対空ミサイル・システムもなければ、それを操作するよう訓練を受けた要員もいないという事実がある。 もう一つの事実は、分離主義者には...

» 続きを読む

2014年7月20日 (日)

経済制裁と旅客機と

Paul Craig Roberts 2014年7月17日 7月16日にオバマが発表した、ロシアの兵器・エネルギー企業が、アメリカの銀行融資を受けることを阻止するという一方的なアメリカ経済制裁は、アメリカ政府の無能さを証明している。アメリカの二大企業団体を含むアメリカ政府以外の世界は、オバマに背を向けた。アメリカ商工会...

» 続きを読む

2014年7月17日 (木)

“ロシアのウクライナ侵略”を待ち望むNATO

Tony Cartalucci 2014年7月15日 New Eastern Outlook ウクライナで継続している紛争に関する欧米の説明をずっと受け入れている多くの人々にとって、彼等の頭の中で、ロシアは既に“侵略している”のだ。核兵器を保有するロシアが、東ウクライナを“侵略している”という奇異な主張にもかかわらず、...

» 続きを読む

2014年7月15日 (火)

イスラエル・ガザ攻撃の本当の狙いは、アラブ人殺戮

30年以上昔の、第一次レバノン戦争以来、アラブ人殺害は、イスラエルの主要な戦略手段となった。現在のガザでの非道な戦争も何ら変わりはない。 Gideon Levy 2014年7月13日 "Haaretz" 「プロテクティブ・エッジ作戦」の目的は平安を取り戻すことだ。民間人殺害だ。マフィアのスローガンが...

» 続きを読む

2014年7月14日 (月)

内部告発者: NSAは、全電話会話の80%の、メタデータのみならず、音声丸ごと保存

公開日時: 2014年7月12日 12:25 編集日時: 2014年7月13日 14:01 ロシア・トゥディ ロイター/Pawel Kopczynski 全ての音声通信の、少なくとも80パーセントは、NSAによって、収集され、保存されていると、内部告発者ウィリアム・ビニーは暴露した。スパイ機関の究極的な目的は、完全な国...

» 続きを読む

2014年7月13日 (日)

日本-アメリカ関係: 議会にとっての諸問題 議会調査局 2014年2月20日

アジア状況分析 2014年2月20日 安倍と歴史的諸問題 安倍首相は、同盟の強力な支持者であり、日本軍の能力と柔軟性を強化する野心的計画も抱いている。しかしながら、防衛協力を大幅に増強する為には、憲法上、法的、財政的、および政治的な障壁が存在している。最も顕著な論議は、日本軍の集団的自衛に、自ら課した参加禁止の、緩和、...

» 続きを読む

2014年7月12日 (土)

アメリカの様々な戦争の退役軍人: アメリカ人砲弾の餌食はどういう状況にあるか?

Bill Quigley教授 Dissident Voice 2014年7月7日 7月4日に称賛したとて、何百万人ものアメリカ兵や退役軍人は、深刻な状態にある。 退役軍人管理局によると、毎日22人の退役軍人が自殺している。ロサンゼルス・タイムズの調査では、退役軍人は、他の一般国民自殺率の二倍以上だ。現役兵士の、特に男性...

» 続きを読む

2014年7月11日 (金)

ワシントンの傲慢さが帝国を破壊する

悪の臭気漂うワシントン Paul Craig Roberts 2014年7月9日 世界中の政府でただ一つ、ワシントンだけが、例えワシントン法律が、主権国家の法律に矛盾していようと、主権国家の政府に、ワシントンの法律にに従うよう要求している。 例はきりがない。例えば、ワシントンは、スイスに歴史的な銀行機密法に違反し、廃止...

» 続きを読む

«“民間人が死につつあり、止める為には何かがおきなければならない”

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

ブックマーク

無料ブログはココログ