2017年5月 1日 (月)

フランスを代表しているのはマリーヌ・ルペンのみ

2017年4月26日 Paul Craig Roberts マリーヌ・ルペンは、フランス人を代表する唯一のフランス大統領候補だ。それ以外の全員、ワシントンとEUの代表だ。フランス国民は、一体なぜ明々白々な事実が見えないのだろう? フランスはシャルル・ド・ゴールと共に死んだのだ。彼は最後のフランス大統領だった。 ド・ゴー...

» 続きを読む

2017年4月30日 (日)

グローバル主義支配体制は、ポビュリスト-民族主義反乱を打ち破ったのか?

James George JATRAS 2017年4月27日 Strategic Cultural Foundation 昨年、イギリス国民が欧州連合離脱賛成投票をした際、ヨーロッパとアメリカ合州国の支配者連中は唖然とした。あらゆる世論調査が残留派陣営の勝利を予言していた。ヒラリー・クリントンやバラク・オバマを含む重要...

» 続きを読む

2017年4月29日 (土)

今や陰の政府のとりことなったトランプ

2017年4月26日 Paul Craig Roberts 2001年9月11日、オサマ・ビン・ラディンによる指揮のもと、少数のサウジアラビア人が、いかなる政府や諜報機関の支援も無しに、同盟欧米諸国やイスラエルのモサド全てを出し抜き、アメリカ政府丸ごと機能不全にして、“世界唯一の超大国”に対し、史上最大の屈辱を与えたと...

» 続きを読む

2017年4月28日 (金)

資本主義という名の略奪装置

2017年4月25日 Paul Craig Roberts 資本主義が成功しているのは、主として、経済活動にまつわる大半の費用を、部外者や環境に押しつけることができるせいだという結論に私は至った。言い換えれば、資本家は、連中の費用が外部化され、他者が費用負担しているおかげで、利益を得るのだ。アメリカでは、社会と環境が、...

» 続きを読む

2017年4月27日 (木)

ルペンに対して防壁を築くフランス支配体制

Finian CUNNINGHAM 2017年4月25日 Strategic Culture Foundation “中道派”候補のエマニュエル・マクロンが、週末のフランス大統領選挙第一回投票の勝者だと発表されるや否や、既存政治支配体制は、見苦しいあわて方で、ライバルのマリーヌ・ルペンの国民戦線Front Nation...

» 続きを読む

2017年4月26日 (水)

アメリカを破壊した9/11

2017年4月24日 Paul Craig Roberts 2001年9月11日の出来事が世界を変えた。事件は、中東の七カ国を軍事攻撃し、何百万人もの民間人死傷者をもたらし、イスラム教徒難民の波を欧米世界に送り込むためのアメリカ政府にとっての口実だった。アメリカ国内の公共インフラは劣化し、アメリカ人の住宅は差し押さえら...

» 続きを読む

2017年4月25日 (火)

ユーロランドは解体寸前か?

2017年4月20日 F. William Engdahl 昨年のイギリス有権者の大多数による欧州連合離脱という決断は単なる国民投票以上のものだ。Brexitキャンペーンは、シティー・オブ・ロンドンの最も有力な複数の銀行と、イギリス王室が推進し、資金提供していた。イギリスの終焉どころか、Brexitは、悲惨なユーロ単一...

» 続きを読む

2017年4月24日 (月)

ウクライナ、朝鮮、シリア、イラン… 歴史改竄は、アメリカ政府による戦争への道

ウクライナ、朝鮮、シリア、イラン… 歴史改竄は、アメリカ政府による戦争への道 Finian CUNNINGHAM 2017年4月22日 Strategic Culture Foundation 今週の国際北極フォーラムでの演説で、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領on歴史改竄による現実の差し迫った危険。そのような意図...

» 続きを読む

2017年4月23日 (日)

外交政策と“偽旗”: トランプの“戦争とチョコレート”リアリティー・テレビ番組 トランプ氏よ、虐殺者は一体誰だろう?

トランプ氏よ、虐殺者は一体誰だろう? Prof Michel Chossudovsky Global Research 2017年4月19日 我々の大統領は一体どういう人物なのだろう? 身勝手で極悪非道? 4月6日夜、マー・ア・ラゴでの習近平中国国家主席との豪華な晩餐会は、トランプの対シリアミサイル攻撃と同時期になるよ...

» 続きを読む

2017年4月22日 (土)

トランプ大統領失踪

Paul Craig Roberts 2017年4月20日 ワシントンにおける私の長年の経験では、副大統領は重要外交政策発表をしたり、他国を戦争すると脅したりはしなかった。ディック・チェイニーでさえ、軟弱なジョージ・W・ブッシュ大統領から、この役割を横取りしなかった。 しかし昨日、世界は、ペンス副大統領が北朝鮮を戦争で...

» 続きを読む

«問題は、北朝鮮ではなく、ワシントンだ

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

無料ブログはココログ