2014年10月23日 (木)

ソロスとCIA、ルセフ打倒に、今やネベスが頼り

Wayne MADSEN 2014年10月21日| 00:00 Strategic Culture Foundation 大手マスコミやCIAやジョージ・ソロスのあやつり人連中が、社会党大統領候補の旗頭エドウアルド・カンポスの典型的なCIA教科書風飛行機事故暗殺後、緑の党からブラジル社会党に転向した大統領候補者マリナ・...

» 続きを読む

2014年10月22日 (水)

丘の上の輝ける都市という馬鹿げた幻想 (企業・国家ぐるみの洗脳構造)

大企業支配国家アメリカは、いかにしてアメリカ国民を操り、知らないうちに大企業ファシズムを支持させるようにしているのか Mark Weiser Dissident Voice 2014年10月16日 どこの国でも、ある国で生まれた平均的国民は、言葉の意味を理解し始めた時からずっと、その国の文化を絶えず吹き込まれる。現実は...

» 続きを読む

2014年10月20日 (月)

カラー革命: 戦争の新手法

Andrew Korybko 2014年10月12日 "ICH" アメリカ戦略の世界的転換が現在進行中で、アメリカは‘世界の警察官’から、陰で操る首謀者へと変身中だ。この根本的な移行は、本質上、アメリカが、多数の前線部隊を、防衛的な後衛部隊へと変えることを伴う。この転換の一環が、通常戦力を削減し、そ...

» 続きを読む

2014年10月18日 (土)

担当官と兵士でエボラと戦うオバマ大統領

Paul Craig Roberts 2014年10月17日 エボラはアメリカにとっては問題ではないと、国民は安心させられ続けているが、CNNは オバマが、エボラ担当官を任命したと報じている。http://www.zerohedge.com/news/2014-10-17/meet-americas-new-ebola...

» 続きを読む

2014年10月15日 (水)

不安定化工作-エネルギー戦争における、アメリカの武器

Mahdi Darius Nazemroaya 公開日時: 2014年10月8日 14:42 "RT" 自由貿易協定で優位に立ち、そしてまた、ヨーロッパ諸国をアメリカの比較的より高価な天然ガスを買わせる様仕向けるため、アメリカは、EUをロシアと疎遠にさせるべく最善を尽くしている。 TTIPとウクライ...

» 続きを読む

2014年10月14日 (火)

不完全なように見える対エボラ安全手順

Paul Craig Roberts 2014年10月12日 ダラスのエボラ患者を看護していた看護婦が、エボラにかかってしまった。 アメリカ疾病管理予防センターCDCは、CDCが規定した他の服装と共に、看護婦がつけていたマスクを指定していた。マスク着用は、ウイルスは空気感染しないという仮説に基づいている。 おそらく、自...

» 続きを読む

2014年10月12日 (日)

ウソ発生機

Paul Craig Roberts 2014年10月11日 欧米は、既得権益を持った連中の秘密の思惑専用に機能する、巨大なウソ発生機だという結論に私は達している。例えば、環大西洋貿易投資協定と、環太平洋戦略的経済連携協定について考えてみよう。 これらのいわゆる“連携協定”は、実際には、アメリカ企業が、自分達が事業活動...

» 続きを読む

2014年10月11日 (土)

エボラ対策より厳格なアメリカの対ロシア経済制裁

Paul Craig Roberts 2014年10月9日 我々はそれを知って久しい ...というか、我が国当局が無能であることを我々が知らなかったのは、いつのことだったろう。連中の無能さは常に高くつくが、今回はエボラの世界的流行の危険性があるのだ。 命にかかわる病気について、ほとんど知られていないのだから、エボラが猛...

» 続きを読む

2014年10月 9日 (木)

アメリカが支援する政権が戦争に向けて武装する中、ヌーランド、キエフに到着

Finian CUNNINGHAM 2014年10月7日| 00:00 Strategic Culture Foundation ウクライナでの戦争が更にエスカレートする不吉な兆しとして、アメリカ国務省幹部のビクトリア・ヌーランドがキエフを訪問し、欧米が支援する政権の幹部と会合した。 9月5日に斡旋された休戦は、ここ数...

» 続きを読む

2014年10月 8日 (水)

ブラジルの大統領選挙戦: 雪辱を目指すネオリベラル

Nil NIKANDROV 2014年10月7日 | 15:02 Strategic Culture Foundation 10月5日の第一回投票後、ブラジル選挙活動戦は一層激しくなっている。現職大統領の対抗馬で、ワシントンに支援されていたマリナ・シルバは、票のわずか21.3%しかとれずに、競争離脱を余儀なくされた。1...

» 続きを読む

«"オキュパイ・セントラル"抗議行動は、丸ごとワシントンでお膳立てされていた

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

ブックマーク

無料ブログはココログ