簡単な10のステップで実現できるファシスト・アメリカ(日本?)(冒頭部分)

1 国内と国外に恐ろしい敵を作り上げる
2 政治犯収容所を作る
3 暴漢カーストを育成する
4 国内監視制度を作り上げる
5 市民団体に嫌がらせをする
6 専断的な拘留と釈放を行う
7 主要人物を攻撃する
8 マスコミを支配する
9 反対は反逆に等しい
10 法の支配を停止する

選挙時期与党のみならずマスコミ=大本営広報部まで野党の中傷攻撃。自民党別働隊Dappi。この文章は簡潔に与党の意図を解説している。いささか長文だが再読頂く価値はあるだろう。本文はこちら。表題で検索するとGoogleもYahooも表示せず複写サイトのみ表示。小生二大サイトを「隠蔽エンジン」と呼ぶ。DuckDuckGoでは「簡単な10のステップで実現できるファシスト・アメリカ(日本?)」でしっかり表示される。

2022年7月 6日 (水)

他の主流メデイア全員同様、タッカー・カールソンも宣伝屋

2022年7月2日ケイトリン・ジョンストン この記事を英語音声で聞く。  フォックスニュースの途方もない人気の右翼評論家タッカー・カールソンは、2018年のロシアゲート・ヒステリー絶頂時、最も狂った主流リベラル評論家の中でさえ居心地がよかったはずのモスクワに対する態度並みの北京に対する精神病質的...

» 続きを読む

2022年7月 5日 (火)

アメリカ指導部が永久に「ロシアを解体する」計画出現

2022年6月29日フィル・バトラーNew Eastern Outlook  ロシア連邦は「アメリカを破壊する:道徳的要請」と題する新たな原則を考え出した。もちろん、本当ではない。だがアメリカは、まさにロシアに「対処する」この戦略を発表したのだ。欧州安全保障協力機構(CSCE)版は「ロシアを非植民地化する」という題だ。...

» 続きを読む

2022年7月 4日 (月)

ロシア支配下にあるリシチャンシク

2022年7月2日Moon of Alabama  今戦争でリシチャンシクはロシア支配下にある。  これは都市の中心にあるリシチャンシク市立公園(地図)からロシア語話者ジャーナリストが報じた。彼の周りに幸せそうに見える少数の地元住民がいる。彼の報告には砲撃や銃撃や影響の背後の雑音がない。  ルガンスク人民共和国は今ルガ...

» 続きを読む

アジアを二分するワシントン

2022年6月24日ドミトリー・ボカレフNew Eastern Outlook  現代世界は矛盾によって引き裂かれている。アメリカと同盟諸国は世界支配に慣れていて、他の国々の利益を代償に、自分たちの立場を維持、拡大しようと努めて危機と対立を招いている。中東で、戦争は何十年間もおこなわれ、ヨーロッパでは、ウクライナで戦い...

» 続きを読む

2022年7月 3日 (日)

マスケット銃と、そば屋台:戦略的比較

2022年6月23日  フレッド・リードによるSakerブログへの投稿  大ざっぱな表現で、今我々は、世界における、中国経済とアメリカ軍の競合、中国の活力とアメリカの圧政との戦いを目にしている。もちろん、中国には軍があり、アメリカには経済がある。それでもなお、要点と主旨は、この表現通りだ。  アメリカは、内部インフラや...

» 続きを読む

2022年7月 2日 (土)

ウクライナでの戦争は急速に終局に近づきつつある

2022年6月27日ジェームズ・オニールNew Eastern Outlook  ウクライナでの戦争は、今やロシア勢力がドンバス完全支配に近づく状態で、急速に正念場にさしかかっている。ドンバスが完全にロシア支配下になれば、ウクライナ国内で、彼らが更にどれだけ進むかわからない。現在彼らは前進を止める様子を示しておらず、彼...

» 続きを読む

2022年7月 1日 (金)

ウクライナはアルカイダやISISと同じテロ組織

2022年6月23日ワレリー・クリコフNew Eastern Outlook  現在のキエフ政権は、多少留保付きでさえ、到底「国」とは呼べない。ロシアや世界中の多くの国々で活動を禁止されているアルカイダや、イラクとシリアのイスラム国ISISなどの悪名高いテロ集団と全く同じだ。  キエフ当局の行動は典型的なテロリストだ。...

» 続きを読む

2022年6月30日 (木)

エルドアン打倒を準備するアメリカ

2022年6月25日ウラジーミル・プラートフNew Eastern Outlook  来る2023年のトルコ大統領選挙に立候補する意図をレジェップ・タイイップ・エルドアンが公式発表した後、現在のホワイトハウス政権は、対現トルコ大統領キャンペーンを強化し、彼を追い出す措置を準備するため、欧米「同盟諸国」に明確な信号を出し...

» 続きを読む

2022年6月29日 (水)

シリアで「第二戦線」を始めようとしているアメリカ

2022年6月16日ウラジーミル・プラートフNew Eastern Outlook  アメリカ政治とアメリカ政治家は、長い間、「外交上の成功」ではなく、世界のあちこちで多数の武力紛争を解き放ち、かなりの現金利益で栄えていることはよく知られている。これはウクライナや他の武力衝突でも、ワシントンの外交努力ではなく、特に最近...

» 続きを読む

2022年6月28日 (火)

ウクライナにはCIA要員が、うようよいると認めた欧米当局

2022年6月26日ケイトリン・ジョンストン この記事を英語音声で聞く。  アメリカ諜報カルテルが、ウクライナで起きていることに関する機密情報を得るのにてこずっているという以前の報道と矛盾するように思われるが、ウクライナはアメリカと同盟諸国の特殊部隊とスパイでいっぱいだとニューヨーク・タイムズは...

» 続きを読む

«カリーニングラードを封鎖するNATO

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ