2021年7月29日 (木)

トルコはなぜS-400を運用しないのか?

2021年7月25日ウラジーミル・オディンツォフNew Eastern Outlook  我々が知っているように、2017年にロシアとトルコは、モスクワがアンカラにS-400地対空ミサイルシステムを供給する契約書に署名した。2019年10月23日、ロスオボロンエクスポルトは、ロシアが、ミサイルを含め、トルコにS-400...

» 続きを読む

2021年7月28日 (水)

ノルドストリーム2を巡る戦いに勝利したロシアとドイツ

2021年7月21日Moon of Alabama  ノルドストリーム2パイプラインに対して、アメリカがドイツとロシアにしかけた制裁戦争は、アメリカの完全敗北で終わった。 拡大する  パイプラインを阻止するアメリカの試みは、これまで5年にわたり行われた大規模な反ロシア・キャンペーンの一環だった。だが、それは常に誤解に基...

» 続きを読む

2021年7月27日 (火)

アフガニスタンよいずこへ? 撤退は侵攻より困難

フィリップ・ジラルディ2021年7月22日Strategic Culture Foundation  ホワイトハウスで起きている深い考えの欠如という条件のもとでは、アメリカは容易に更にもう一つのアフガニスタンを引き起こしかねない。  9/11事件後、世界対テロ戦争を宣言した際、一体何に関与しようとしているかを理解する能...

» 続きを読む

2021年7月26日 (月)

「レッドストーム作戦発動」!ドイツ、ロシア・ガスを購入!

2021年7月23日フィル・バトラーNew Eastern Outlook  元国務長官マイク・ポンペオは、ノルドストリーム2パイプラインに関するアメリカとドイツの合意は、アメリカの国家安全保障を「損なう」と叫んで飛び跳ねている。彼は正しい。もしアメリカの国益が、ロシアや他の国々が経済的に発展するのを阻止することを含む...

» 続きを読む

2021年7月25日 (日)

キューバや中南米に対するアメリカの懸念は介入のめくらまし

タマラ・ピアソン2021年7月I6日カウンターパンチ  アメリカ政府は、中米が腐敗と戦うのを支援し、メキシコと中米における移民の「主要因」と戦い、キューバ国民が自由を獲得するのに手を貸したいといっている。  だがアメリカの国内外での実績は、貧困と闘い、汚職を終わらせ、民主主義や、何であれ、人権に関し、人さまに説教する資...

» 続きを読む

2021年7月24日 (土)

「我々はニセ情報と戦わなければならない」と言う丸ごとニセ情報でできている帝国

2021年7月19日ケイトリン・ジョンストン この記事を音声で聞く。  ソーシャル・メディアに「ニセ情報」検閲を課すのが仕事のバイデン政権で最も奇妙なのは、アメリカ合州国が、ニセ情報によって維持され、ニセ情報によって推進され、ニセ情報の土台を基盤に作られている地球規模帝国の中枢だということだ。  ...

» 続きを読む

2021年7月23日 (金)

アメリカとNATOの撤退後、アフガニスタンは他の全員にとっての問題になるのか?

2021年7月15日ヘンリー・カメンズNew Eastern Outlook  アフガニスタンの状況は映画「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」の最後に似ている。終盤では、面目を保つことはできず、勝利は得られない。アメリカとNATOパートナ諸国による20年の国造りの試みにもかかわらず、巨大な真空が残るのだ。  彼らが、ベ...

» 続きを読む

2021年7月22日 (木)

検閲を推進するよう巨大ハイテク会社を恫喝するアメリカ政府

2021年7月17日ケイトリン・ジョンストン この記事を音声で聞く。  インターネット検閲に対するバイデン政権の精力的活動について進行中の論争を巡り、誰もが認識していながら、口に出したくない重要な問題は、もし彼らが政府の要望に従って人々の発言を検閲しなければ、それら企業が、独占禁止法違反訴訟や他の...

» 続きを読む

2021年7月21日 (水)

「ジュネーブ精神」を覆すバイデンの新ロシア制裁

2021年7月16日Salman Rafi SheikhNew Eastern Outlook  アメリカが、主要競合相手として、中国と相対している時代に、アメリカ-ロシア関係を再定義する上での大跳躍だと、ジュネーブでのバイデン-プーチンサミットを巡る多くの楽天主義があったが、サミット後の進展は明らかに、アメリカには焦...

» 続きを読む

2021年7月20日 (火)

キューバ不安定化:制裁、コロナ流行の苦難とソーシャル・メディア猛攻撃

Finian Cunningham2021年7月15日Strategic Culture Foundation  アメリカ政府は自称「裏庭」に、モスクワや北京が侵入するのを好まない。だがアメリカ政府は、本気で反対するための、あらゆる道徳的権威を失っている。  キューバを見舞った大衆抗議の頻発を「経済政策の失敗と抑圧で疲...

» 続きを読む

«「私企業だから検閲ではない」論を完全に潰すバイデン政権

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ