2021年6月22日 (火)

サウジアラビア王国とUAEによるアサド接近の動きは、エリートが政権に留まるための保証人としてのロシアへの投資が狙い

マーティン・ジェイ2021年6月21日Strategic Culture Foundation  アメリカは世界の大部分には「回帰」したかも知れないが、中東にとっては、この地域におけるオバマ「ソフト・パワー」風への「回帰」だ。  湾岸協力会議諸国は本当に、反乱を生き残り、政権に留まる方法をアサドから学ばなければならない...

» 続きを読む

2021年6月21日 (月)

本当の敵、資本主義の不平等の代わりに、ロシアと中国を標的に定める

Finian Cunningham2021年6月14日Strategic Culture Foundation  資本主義と、その不平等は現代世界の第一の敵だ。それは世界の目前に迫っている客観的、経験的現実だとFinian Cunninghamが書いている。  アメリカのジョー・バイデン大統領と西洋同盟諸国は、究極的に...

» 続きを読む

2021年6月20日 (日)

王様には権限もない。言説のマトリックスの端からのメモ

2021年6月18日ケイトリン・ジョンストン この記事を音声で聞く。  国境で、子供たちを檻に入れているバイデン政権が良くないと思うなら、この政権がイエメンで何をしているか聞くまで、お待ちねがいたい。  中東におけるアメリカの戦略地政学的権益を推進するため、あなたは、10分に...

» 続きを読む

2021年6月19日 (土)

中国との対決のため再構築されるアメリカ海兵隊

2021年6月16日Brian BerleticNew Eastern Outlook  アメリカ海兵隊は、ほぼ一世紀、戦闘部隊に戦車を組み込んできたが、インド・太平洋地域で「中国と対決する」ためミサイルと無人機を優先し、装甲部隊による戦争を断念した。  「海兵隊は全ての戦車大隊を無くし、歩兵部隊を削減」という題の20...

» 続きを読む

2021年6月18日 (金)

トルコはアフガニスタンでアメリカからバトンを受け取ろうと急いでいるのか?

2021年6月16日ウラジーミル・ダニーロフNew Eastern Outlook  ロイターとの最近のインタビューで、トルコ当局が、アメリカ軍撤退後、カブール空港を占拠し、管理し、守る準備ができていると発表した。トルコはワシントンと同盟国がアフガニスタンからアメリカ軍を撤退させる計画に関して合意した5月のNATO会談...

» 続きを読む

2021年6月17日 (木)

アメリカは決して他の国々の選挙に干渉しないと語るアメリカの愚かな大統領

2021年6月17日ケイトリン・ジョンストン  この記事を音声で聞く。  ウラジーミル・プーチンとのジュネーブ・サミット後、驚くほど追従的な記者会見で、バイデン大統領は、もしアメリカが外国選挙に干渉し、皆がそれを知っていたら、世界はアメリカについて、どう思うだろうかという完全な仮説シナリオを仮定した。  世界中で最も強...

» 続きを読む

2021年6月16日 (水)

バイデン対串刺し公ヴラド

Finian Cunningham2021年6月14日スプートニクニュース  双方が、アメリカ合州国とロシア間の関係が悲惨な最悪状態にあると認めている。そして双方とも、関係改善を望むと言っている。だが誰が、実際緊張を緩和し、平和に可能性を与える前向きな努力をしているだろう?  ロシア側が、責任を持って、寛大な精神で、両...

» 続きを読む

2021年6月15日 (火)

兵器輸出:我々の名前で投下されている爆弾について、我々が知っていること

Danaka Katovich CODEPINKのイエメン・キャンペーン・コーディネーター、ピース・コレクティブ・コーディネーター 2021年6月8日CODEPINK  2018年夏前のある時点で、アメリカからサウジアラビア向けの兵器商談が締結され、出荷された。ロッキード・マーティンが製造した227キログラムのレーザー...

» 続きを読む

2021年6月14日 (月)

全体主義国家と自由民主主義国家の違い

2021年6月13日ケイトリン・ジョンストン この記事を音声で聞く。  全体主義国家は、大虐殺と戦争をする。自由民主主義国家は、人道介入する。  全体主義国家は、拷問を使う。自由民主主義国家は、高度な尋問技術を駆使する。  全体主義国家は、不安定化させるためにテロ集団に資金供給する。自由民主主義国家は、安定をもたらすた...

» 続きを読む

2021年6月13日 (日)

より親切な、より優しいアメリカ帝国が可能だというウソ

2021年6月11日ケイトリン・ジョンストン この記事を音声で聞く。  ミネソタ州選出のイルハン・オマル下院議員は、またもや悪意で始められた人為的論争の中心になったが、今回は、彼女が「考えられない残虐行為」の加害者として、ハマスとタリバンと同次元で、アメリカとイスラエルに言及したTweetを巡るものだ。  「人類に対...

» 続きを読む

«プーチンとバイデンは何について話をするのだろう?

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ