2017年12月17日 (日)

トランプとネタニヤフとムハンマド・ビン・サルマーン: ネオリベラル世界秩序の破壊者たち

Federico PIERACCINI 2017年12月13日 Strategic Culture Foundation ネオリベラル世界秩序は、もう何年も危機にあるが、回復の兆しは皆無だ。トランプ当選は、支配層エリートが、アメリカ国民の信頼を裏切っていることの現れだ。 最悪の状況。それが今の中東状況だ。この地域におけ...

» 続きを読む

2017年12月16日 (土)

クシュナーとサウジアラビア皇太子… 大混乱を引き起こす神童たち

Finian CUNNINGHAM 2017年12月14日 Strategic Culture Foundation ドナルド・トランプが、エルサレムはイスラエルの首都だと突然宣言したのは、世界世論や何十年にもわたる国際的な法的決定と全く一致しないので、この構想は、うさんくさい思いつきに由来するのではと憶測せざるを得な...

» 続きを読む

2017年12月15日 (金)

シリア問題で屈したアメリカ - イスラエルに目を向けるレジスタンス

Moon of Alabama 2017年12月12日 このニューヨーカー記事は、傲慢な見出しと幾つかの間違った主張で注目に値する。アメリカはシリアの現実に屈したという、本当のメッセージから目を逸らすため、そういう記事が必要なのかも知れない。プーチンがシリアでの勝利を宣言する一方、トランプは、アサドを、2021年まで、...

» 続きを読む

2017年12月14日 (木)

フランスのマクロンとサウジアラビア皇太子の芸術的欺瞞

Finian CUNNINGHAM 2017年12月12日 Strategic Culture Foundation フランスのエマニュエル・マクロン大統領が、アブダビでルーブル美術館を開館した一週間後、レオナルド・ダ・ヴィンチが描いたとされる絵が、ニューヨークのオークションで、史上空前の508億円で落札された。 更に...

» 続きを読む

2017年12月13日 (水)

シリア - ISISは敗北した - 次はアメリカだ

2017年12月11日 Paul Craig Roberts 皆様のウェブサイトをご支持願いたい。 アメリカは本当に超大国だろうか、それとも地上最大のまぬけの寄せ集めだろうか? シリア - ISISは敗北した - 次はアメリカだ ワシントンは既にシリア戦争で一度敗北した。今や二度目の敗北を喫しようとしている。 数日前、...

» 続きを読む

2017年12月12日 (火)

私と一緒に世界を変えようではないか

2017年12月9日 Paul Craig Roberts ハーバードの研究がマーガレット・ミードは正しかったと結論を下した。僅かな人々によって世界は変わる。 アメリカ政府と売女マスコミによる最新の偽ニュースによれば、アメリカ失業率は17年間で最低だが、賃金は全く上がっていない。賃上げ圧力のない、完全、あるいは超完全雇...

» 続きを読む

2017年12月11日 (月)

核戦争を避けることが我々の最優先事項

2017年12月8日 Paul Craig Roberts 読者の皆様、皆様のウェブサイトをご支持願いたい。 カナダの立派な学者ミシェル・チョスドフスキーは、Centre for Research on Globalizationと、欧米売女マスコミからは得られない重要な情報の源泉であるウェブサイトGlobal Res...

» 続きを読む

2017年12月10日 (日)

アメリカ左翼は復活可能だろうか?

2017年12月7日 Paul Craig Roberts 読者の皆様: もし、このサイトが死んだら復活することはない。ご支援願いたい。 “必要な時に、左翼は一体どこにいるのか”というのは、私が折りにふれ呈してきた疑問だ。左翼と、アンティファとアィデンティティ政治を混同している読者の中には、私の疑問で混乱している方がお...

» 続きを読む

2017年12月 9日 (土)

キエフでのドタバタ喜劇

2017年12月5日 Moon of Alabama 今日キエフでドタバタ喜劇が演じられた。だがその背景は謎だ。 2015年に、ワシントンのおかげで、現在ウクライナを支配している億万長者、ペトロ・ポロシェンコが、オデッサの都市と地域を運営するよう、元ジョージア大統領ミヘイル・サアカシュヴィリを招いた。サアカシュヴィリは...

» 続きを読む

2017年12月 8日 (金)

ハルマゲドンに足を踏み入れる

2017年12月5日 Paul Craig Roberts 読者の皆様: もう12月、皆様に四半期毎のサイトご支援をお願いする時期となった。私は皆様のためにこのサイトを書いている。このサイトに、私の利己的な理由は皆無だ。実際、ゆっくりくつろげたはずの退職後の日々を、私は使い尽くしている。 時々、解決策を提示せずに、我々...

» 続きを読む

«略奪資本主義

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

無料ブログはココログ