2014年11月24日 (月)

プーチン大統領、過激主義やカラー革命に立ち向かう、より強固な施策を呼びかけ

公開日時: 2014年11月20日 15:21 Russia Today ロシアのウラジーミル・プーチン大統領(RIA Novosti/Michael Klimentyev) ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、世界を作り替えようとする勢力は、いわゆる“カラー革命”で、過激主義を手段として利用することが多いと述べ、...

» 続きを読む

2014年11月21日 (金)

‘アメリカ軍駐留にはうんざりの沖縄県民’

公開日時: 2014年11月18日 11:55 Russia Today 沖縄、宜野湾の海兵隊普天間飛行場タールマック舗装滑走路に駐機するハーキュリーズ輸送機(ロイター / Issei Kato) 沖縄県民は、沖縄へのアメリカ軍駐留や、それと結びついた犯罪率の増加や現地野生生物への甚大な影響を心配していると、フォーリン...

» 続きを読む

2014年11月20日 (木)

沖縄が選んだ全員が反基地候補

David Swanson War is a Crime 2014年11月17日 沖縄を解放する頃合いだ Hiroshi Taka氏からの沖縄における反対運動に関するニュースは下記の通り。     “このメールを、先週末、沖縄県知事、那覇市長、那覇、名護と沖縄市、三市での沖縄県議会議員補欠選挙という...

» 続きを読む

2014年11月19日 (水)

ISISは、夢のアメリカ反政府軍

アメリカ政策文書は、シリア侵略の為、領土外本格的軍隊を構築する願望を暴露。そのよう軍は、イラクとトルコの国内で構築されつつあり、"ISIS"と呼ばれている Tony Cartalucci 2014年11月10日 NEO 企業投資家連中に資金供給され、支配されている、政策シンクタンク、ブルッキングス研...

» 続きを読む

2014年11月18日 (火)

中国・ロシア・ユーラシア貿易圏、オバマの“ネオコン策謀”を弱体化: マイケル・ハドソン教授

中国・ロシア・ユーラシア貿易圏、オバマの“ネオコン策謀”を弱体化: マイケル・ハドソン教授 プーチン大統領、経済制裁に反撃すべく、中国とアジアとの貿易を増大すると誓約 マイケル・ハドソン The Real News 2014年11月13日 中国とロシア間の、4000億ドル、40年間の石油とガス契約は、ロシアに対する新冷...

» 続きを読む

2014年11月17日 (月)

『フューリー』: “リアリズム”とは何だろう? “反戦”映画とは何だろう?

David Walsh 2014年11月1日 wsws.org デヴィッド・エアー脚本・監督の『フューリー』は、ヨーロッパでの第二次世界大戦末期、百戦錬磨のドン“ウォーダディー”コリアー(ブラッド・ピット)が率いる、アメリカ軍戦車クルーに関する映画だ。 フューリー 映画が始まると、クルーの一人(アメリカが戦争に参加した...

» 続きを読む

2014年11月16日 (日)

世界的な砂上の楼閣

Paul Craig Roberts 2014年11月14日 大半のアメリカ国民は、経済マスコミでない限り、量的緩和(紙幣印刷の遠回しな言い方)が、 アメリカ経済を復活させることに失敗したことに気がついている。 すると、日本は一体なぜこの政策を採用したのだろう? 2013年に、大量の紙幣印刷が始まって以来、日本円は、ア...

» 続きを読む

2014年11月15日 (土)

シルク・ロード・キャラバン仲間外れのレーム・ダック

Pepe Escobar 2014年11月11日 2014年11月10日、北京APECサミット時の世界指導者集合写真。オーストラリアのトニー・アボット首相はウラジーミル・プーチン・ロシア大統領(左端)の背後、中国の習近平首席(左から二人目) (Reuters / Kevin Lamarque) 北京でのアジア太平洋経済...

» 続きを読む

2014年11月14日 (金)

ロシア議会、より厳格なGMO表示法を承認

公開日時: 2014年11月12日 15:19 Russia Today ロイター / Eduard Korniyenko ロシア下院は、包装に、消費者に対する警告がない、遺伝子組み換え生物(GMO)を含む製品を販売した企業に対し、罰金を科する法案を、第一読会で通過させた。 水曜日、第一読会で通過された法案は、遺伝子組...

» 続きを読む

2014年11月13日 (木)

核戦争の可能性

Paul Craig Roberts 2014年11月11日 大半のアメリカ人は、神話の中で暮らしているが、こうした神話は事実の影響を受けない。アメリカ人には、自分の先入観に合わない情報に出くわすと激怒する連中がいる。私は、新聞社で働いていた頃、読者からの手紙で、こうしたことがわかりはじめたが、同じ 譴責は、電子メール...

» 続きを読む

«'エディー・チェヴィー'とゴルビーと壁の崩壊

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

ブックマーク

無料ブログはココログ