2019年10月18日 (金)

フェイク・ニュース、フェイク世論調査、そして、フェイク歴史

Wayne Madsen2019年10月14日Strategic Culture Foundation  実数のすべてが偽りで、偽りのすべてが実数であると信じるドナルド・トランプは(そのために)彼が高名な専門家だと信じるもう1つの学科を探求した。彼自身のフェイク天気予報、フェイク世論調査とフェイクニュースを広めた後、ト...

» 続きを読む

2019年10月17日 (木)

情報戦争:香港を標的に定めたTwitter

2019年10月13日Tony CartalucciNew Eastern Outlook  Twitter Safetyが、香港に向けられた「情報作戦」に対して行動をとっていたと発表した時、情報に通じた観察者は、即座に、Twitterが、そのようなものを止めることに、本当に真剣ではなかったのを想定できたはずだ。むしろ...

» 続きを読む

2019年10月16日 (水)

マイク・ペンス大統領で、ブッシュ風外交政策への復帰を待ち焦がれるネオコンと共和党幹部

ご注意!副大統領の外交政策姿勢はブッシュ政権以来未曾有のメシア信仰を引き起こす バーバラ・ボランド2019年10月7日月曜日  内閣レベルの召喚令状を完備した弾劾に、議会が向かうにつれ、マイク・ペンスが大統領となる恐怖が益々大きくなりつつある。  だがそれに直面しよう。2024年か、それより早いかにかかわらず、ペンスが...

» 続きを読む

2019年10月15日 (火)

米ドルの世界準備通貨という地位を潰す上で、イランは中国の秘密兵器

Federico Pieraccini2019年10月3日  国際政治に影響を与えている強い変化の流れがある。それは単極から多極世界秩序への移行によって引き起こされる革命の始まりだ。実際、我々は、中国の輸出に対するアメリカ関税適用、イランに対するワシントンの制裁、アメリカのエネルギー自足、サウジアラビア産業施設の脆弱性...

» 続きを読む

2019年10月14日 (月)

サウジアラビアは門戸を開きつつある。行ったら何が見られるだろう?

2019年10月7日Andre VltchekNew Eastern Outlook  サウジアラビア王国は世界に門戸を開きつつある。宗教巡礼者(つまり正式なイスラム教徒)か、NATO軍人か、現地企業かサウジアラビア政府に招かれた実業家男性か女性でなければ入国ビザを受けとることは絶対不可能だった。たとえビザを承認された...

» 続きを読む

2019年10月13日 (日)

くすぶるウクライナ。強欲な「実業家」父と息子チーム!

くすぶるウクライナ。強欲な「実業家」父と息子チーム!2019年10月11日Henry KamensNew Eastern Outlook  最近、興味が刺激されるためではなく、アメリカ大統領選挙との関係のため、ウクライナで一体何が起きているのか、支援という見せかけの下、アメリカによって、いかに事が進められているかについ...

» 続きを読む

2019年10月12日 (土)

クルド人に対する裏切りはアメリカ流

2019年10月9日 21:31Finian Cunninghamスプートニク  アメリカのドナルド・トランプ大統領は、シリアのクルド人に対する「裏切り」という超党派意見で、ワシントンでは徹底的に非難されている。だがクルド人を裏切ってきたアメリカの長い歴史を考慮すると、アメリカの名誉がトランプに汚されたと公言する芝居が...

» 続きを読む

2019年10月11日 (金)

一体いつになったらロシア人は気がつくのだろう?

2019年10月7日Paul Craig Roberts  次から次と続く侮辱にもかかわらず、哀れなロシア外務省は、いまだに問うている。「アメリカ当局は対話を正常化したいとは思っていないのだろうか?」https://www.rt.com/russia/470312-fbi-questioning-russian-mp/...

» 続きを読む

トランプに対する民主党の反逆罪的クーデターは成功するだろうか?

2019年10月7日Paul Craig Roberts  トランプ打倒のために画策された全くのウソに基づくクーデターは、すっかりばれているにもかかわらず進んでいるが、このクーデターを組織しているオバマ時代の当局者に対するトランプ政権による告発はありそうもない。トランプ政権そのものを含め、ワシントン丸ごと、その特権体制...

» 続きを読む

2019年10月10日 (木)

アメリカは本当にイランとの戦争準備をしているのだろうか?

2019年10月5日Salman Rafi SheikhNew Eastern Outlook  アメリカ大統領が危機を緩和するために望んでいたに違いない、アメリカ大統領との秘密会談をイランのロウハニ大統領が拒否したのを主流欧米メディアは大々的に報道する一方、アメリカ国防総省が最近行った極めて重要な軍事行動、アメリカと...

» 続きを読む

«オスマントルコの金づちとイスラエルの金床にはさまれたシリア

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ