2015年9月 3日 (木)

永遠の捕虜? 写真家が語る、アフガニスタンから帰還しなかったソ連軍兵士達の物語

公開日時: 2015年9月2日 01:10 編集日時: 2015年9月2日 01:34 RT ©アレクセイ・ニコラエフ 25年以上前のアフガニスタン戦争で捕虜になった何十人ものソ連軍兵士は決して帰国しなかった。著書‘永遠の捕虜’の為、元兵士達のインタビューで、一カ月過ごした写真家アレクセイ・ニコラエフは、RTに、アフガ...

» 続きを読む

2015年9月 2日 (水)

アメリカは、いかにして、シリアに踏み込むことなしに、ISISを止められるか

Tony Cartalucci New Eastern Outlook 2015年8月31日 隠蔽や歪曲が益々困難になり、欧米マスコミ報道でさえ、いわゆる“イスラム国”(ISIS)が、戦闘能力をイラクやシリア国内からではなく、隣接諸国からつながる補給線で、維持していることが明らかになりつつある。こうした国々には、ヨルダ...

» 続きを読む

2015年9月 1日 (火)

‘ビクトリア・ヌーランドが、キエフの外で、バーチャル・クッキーを配っている’

公開日時: 2015年8月31日、16:44 編集日時: 2015年8月31日、17:01 RT ウクライナ、キエフの最高議会の建物前で、憲法の地方分権化修正に反対する抗議行動参加者が警官隊と衝突、2015年8月31日。©ワレンチン・オギレンコ / ロイター ヨーロッパ内や周辺の主要なホット・スポットで、過激派を後押し...

» 続きを読む

2015年8月31日 (月)

グラディオはヨーロッパで復活したのだろうか?

グラディオはヨーロッパで復活したのだろうか? Wayne MADSEN 2015年8月29日| 00:00 Strategic Culuture Foundation トルコ当局によれば、極左テロ集団、革命的人民解放党・戦線(DHKP-C)のメンバーとされる二人の女性による、最近の在イスタンブールアメリカ領事館銃撃や、...

» 続きを読む

2015年8月30日 (日)

我々にとって必要な時に、ネオは一体どこに

Paul Craig Roberts 2015年8月26日 アメリカ人が暮らしている「マトリックス」世界では、彼等が責任を負うものは皆無だ。例えば、現在のアメリカ株式市場の低下は、連邦準備金制度理事会が供給した長年の過剰流動性がバブルを生み出し、そのうち何社かは株価に見合う稼ぎもないのに上がり過ぎたわずか6社の株が、現...

» 続きを読む

2015年8月29日 (土)

アメリカ先住民と、継続するアメリカ焦土作戦

Finian CUNNINGHAM 2015年8月28日| 00:00 Strategic Culture Foundation ナバホとアパッチは、19世紀末に征服された最後の偉大なアメリカ先住民ネイションだ。ワシントン指揮下のアメリカ軍の焦土作戦によって諸部族が虐殺された。定住地や放牧用地の破壊は、諸部族の立ち退き...

» 続きを読む

2015年8月28日 (金)

ジェーンズ専門家、バンコク爆破事件で、NATOテロ集団を暗示

Tony Cartalucci Land Destroyer Report 2015年8月25日 手段、動機と機会からして、バンコクにおける先週の未曾有のテロ攻撃と、アメリカが支援していたが、打倒された“独裁者”タクシン・チナワットと彼の外国人スポンサー達とのつながりは、既にずっと前から、はっきりしていた。こうした連中...

» 続きを読む

2015年8月27日 (木)

欧米民主主義は絶滅途上にある絶滅危惧種

Paul Craig Roberts 2015年8月25日 イギリス労働党は、もはや労働者階級を代表していない。トニー・ブレア首相の下で、労働党は、1パーセントの臣下となった。その結果が、大衆の反乱と、民衆を代表することに専心している、欧米“民主主義”においては御法度の信念の固い労働党員ジェレミー・コルビンの台頭だ。 ...

» 続きを読む

2015年8月26日 (水)

地域的要素のおかげで、相応の障害にぶつかるロシア-日本関係リセット

Melkulangara BHADRAKUMAR 2015年8月25日| 00:00 Strategic Culture Foundation 複雑で微妙な様子のロシア-日本関係のリセットは益々遠い先のことに見える。ロシアも日本も、リセットを望んでおり、それが両国にとって、最善の得策と見ている。 ロシアは、特に中国が入...

» 続きを読む

2015年8月24日 (月)

欧米マスコミがロシアについて報じるあらゆることがとんでもないウソ

Stephen Lendman 2015年8月22日 重要な真実は、組織的に抑圧されている。その代わりにあるのは、意図的な偽情報、歪曲と、真っ赤なウソだ。一体なぜ欧米マスコミが、比較すれば、街娼さえましに見える売女マスコミと呼ばれるのかという理由だ。詳細は下記。 ロシアがどのように統治されるのか、その地政学的狙いや、誰...

» 続きを読む

«ミンスク合意破綻

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

ブックマーク

最近のトラックバック

無料ブログはココログ