2018年4月22日 (日)

役に立つ馬鹿? シリア戦争に関するメディアの公平性というリトマス試験に落ちたニューヨーカー誌

Robert BRIDGE 2018年4月21日 Strategic Culture Foundation シリアでの最近の化学兵器攻撃とされるもので、‘アサド政権’の他に、原因である可能性があり得る、少なくとも一つの選択肢を、アメリカ最高の知性派雑誌が検討し損ねているなら、主流マスコミ複合体全体が、上から進軍命令を受...

» 続きを読む

2018年4月21日 (土)

Unpersons 完全に存在を無視される人々 The Anti-Imperial Report

The Anti-Imperial Report William Blum 2018年4月18日 アメリカ政権や、主要マスコミや、アメリカ国民が、反ロシアの動きに極めて容易に乗る理由の一つは、もちろん、ソ連の遺産のおかげだ。あの時期の、あらゆる実際の犯罪や欠点に加えて、アメリカは始終、アメリカ国民の反モスクワ感情をあお...

» 続きを読む

2018年4月20日 (金)

シリア国民の声

Andre Vltchek 2018年4月14日 この誇り高く、自立した国シリアに、攻撃が行われたばかりだ。 他国を裁いたり、懲罰したりする道徳的負託など全く受けていない三国が、既に何世紀にもわたり、全ての大陸で、何億人もの人々の命を失せた責任がある三国が、連中のミサイルを雨あられのようにシリアに撃ちこんだのだ。 連中...

» 続きを読む

2018年4月19日 (木)

危機は始まったばかりに過ぎない

2018年4月17日 Paul Craig Roberts ロシアのプーチン大統領も含め、多くの人々が、アメリカは一体なぜ、化学兵器査察官が化学兵器攻撃の現場とされる場所を検証する前に、シリアに対する違法攻撃をしたのかと問うている。 この良くある疑問は、全く的外れだ。アメリカの対シリア攻撃は、ワシントンが支援しているテ...

» 続きを読む

欧米マスコミの支配、堕落と原理主義

Andre Vltchek 2018年4月8日 右や左の普通の人々を、悪名高いウソつき連中が、怒鳴りつけ、唾を吐きかけ、侮辱し、真実を語る人々を、テロで脅迫していること以上に悲しく痛ましいことはない。 最近、欧米は明らかに凶暴になった。世界中の何十億人もの人々の頭脳を支配できなくなるのを恐れれば恐れるほど、欧米は益々攻...

» 続きを読む

2018年4月18日 (水)

昔々真実は大切だった

2018年4月16日 Paul Craig Roberts アメリカ人のみならず、他の国々の一体どれほどの人々が、現在のアメリカ合州国が、二十世紀のディストピア小説や、『マトリックス』や『V for Vendetta』などの映画中の社会より自由が少なく、問題意識の低い社会だという結論に至っているのだろう。ディストピア小...

» 続きを読む

なぜ連中は見え透いたウソを、アメリカ国民につくのだろう?

2018年4月15日 Paul Craig Roberts アメリカ当局者と、売女マスコミは、シリアに対する違法なアメリカ・ミサイル攻撃で、塩素ガスとサリンが保管/製造されている化学兵器施設を破壊したと言っている。もしそれが本当なら、致死的な雲が放出されて、ドゥーマに対するシリア化学兵器攻撃攻撃とされるものより遥かに多...

» 続きを読む

2018年4月17日 (火)

ロシア降伏ということになるのか、それとも第三次世界大戦か?

2018年4月14日 Paul Craig Roberts “アメリカのドナルド・トランプ大統領が、シリアのバッシャール・アル・アサド大統領政権に対する全面的地上攻撃を検討していると言われている中、国連幹部が新たな世界冷戦の到来を非難し、戦争で荒廃した地域での“本格的な軍事的エスカレーション”を警告した。”https:...

» 続きを読む

ロシアの思いやりと道義心が戦争につながっている

2018年4月14日 Paul Craig Roberts ドナルド・トランプが面子を保てるようにするための架空攻撃にロシアが同意したのは、ウラジーミル・プーチンが率いるロシア政府の思いやりと道義心を証明している。我々全員にとって不幸なことに、ロシアの寛容さの結果は、ロシアがそれに値する感謝ではない。トランプが屈伏し、...

» 続きを読む

アメリカ/イギリスが醸成したシリアにおける危機は終わったのか?

2018年4月14日 Paul Craig Roberts 極めて限定されたアメリカ・ミサイル攻撃で、その大半はシリア防空システムにより、迎撃され、破壊され、アメリカ軍が、狂ったジョン・ボルトンに勝ち、ロシアの反撃という結果を招くような攻撃を慎重に避けたのだ。シリアの重要拠点が標的にされたり、ロシア人の誰も危険に晒され...

» 続きを読む

«トランプ政権は非常識

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

カテゴリー

ブックマーク

無料ブログはココログ