2015年4月18日 (土)

暗殺されたウクライナ人作家オレシ・ブジナが語ったウクライナの歴史

これが一体、欧米が見たがっているウクライナ民主主義だろうか? RI Staff 2015年4月16日 "RI" もしロシアで、三人の反政府派の人々が、著名な作家一人と政治家二人が、二日間で殺害されたら、一体何がおきるか想像できるだろうか? ネムツォフに関する欧米のヒステリーを見ているので、一体どの様...

» 続きを読む

2015年4月17日 (金)

環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に関する本当の神話

Dr. Dean Baker 2015年4月4日 Center for Economic and Policy Research 環太平洋戦略的連携協定(TPP)擁護者連中は、今月、議会でのファスト・トラック投票を準備しながら、連中の主張を押しつけようとして、ありとあらゆるできる限りのことをやっている。今日、ウオール街...

» 続きを読む

2015年4月16日 (木)

対イエメン戦争: 石油と地政学の組み合わせ

Mahdi Darius Nazemroaya RT Op-Edge 2015年4月9日 (Reuters/Gary Cameron) 対イエメン戦争に関するあらゆるものは煙幕だ。煙の陰に隠されているのは、バブ・エル・マンデブ海峡とアデン湾の支配を狙う、地政学と石油政治の物語だ。 サウード王室と、大半が時代錯誤の君主国...

» 続きを読む

2015年4月15日 (水)

ウソの権力

Paul Craig Roberts 2015年4月13日 リンカーン記念館が、公民権運動の聖地で、マーチン・ルーサー・キングが“私には夢がある”演説をした場所だと言うのは、歴史の皮肉の一つだ。 リンカーンは、黒人が白人と平等だとは思っていなかった。リンカーンの計画は、アメリカの黒人をアフリカに送り返すことで、もし彼が...

» 続きを読む

2015年4月14日 (火)

ギリシャから見え始めた希望

Paul Craig Roberts 2015年4月12日 傲慢さから、自らを“必要欠くべからざる”存在と見なしているワシントンは何億人もの人々の命にとって脅威となっている。21世紀“アメリカの世紀”にワシントンが殺害した途方もない数の人々は“対テロ戦争”での“巻き添え被害”として片づけられる。 対テロ戦争は、でっちあ...

» 続きを読む

2015年4月13日 (月)

ウクライナの共同所有を狙うソロス

Alex Freeman 2015年3月20日 Fifth Column 億万長者のヘッジ・ファンド・マネージャーのジョージ・ソロスは、戦争で荒廃した国へのロシア参入に対する経済障壁を築く為の、ウクライナへの総計500億ドルという投資パッケージのうち、10億ドルを投資する意向を表明した。オーストリアの新聞インタビューで...

» 続きを読む

2015年4月12日 (日)

ボストン・マラソン事件見せしめ裁判

2015年4月11日 Paul Craig Roberts ボストン・マラソンの爆破犯人とされているジョハール・ツァルナーエフは、いかなる証拠を根拠にしたものではなく、まさに証拠に基づく裁判をさせなくする狙いで、マスコミ上で当局が行った事前のツァルナーエフ有罪判決声明におじけづいた陪審員団によって、有罪判決を受けたのだ...

» 続きを読む

2015年4月11日 (土)

ファシズムと独裁 - 暴露されたアメリカ権力

Finian Cunningham 2015年4月9日 "Sputnik" ウクライナで民族浄化を進めるネオナチと、アラブの独裁者による貧しいイエメン爆撃をアメリカが同時に支援しているのは、アメリカ権力ありのままの本質の証明だ。愛想良過ぎるうぬぼれや、高潔な見せ掛けを脱ぎ捨てた、ワシントンはファシズ...

» 続きを読む

2015年4月 9日 (木)

イラン核エネルギー協定: またもや、武力が法律に打ち勝った

Paul Craig Roberts 2015年4月7日 アメリカが画策していたイランの核エネルギー開発を巡る危機を終わらせる約束が書いてあるプーチン、イランと、オバマが作り上げた核エネルギー協定を、イスラエル・ロビーとそのお仲間のネオコン戦犯連中は、できるなら阻止するつもりなのだ。 イスラエルは調印国ではないが、核兵...

» 続きを読む

2015年4月 8日 (水)

ゼマン大統領、ワシントンにチェコ共和国はアメリカ保護領ではないと語る

Paul Craig Roberts 2015年4月6日 読者はご存じの通り、ヨーロッパ政府は長年、ワシントンによって、ワシントンの望み通りに振る舞う属国と見なされてきたことを私は強調している。イギリスやドイツ等の旧世界大国が独自の外交政策をとれなくなって既に70年、二世代あるいは三世代になる。 この品性低劣さに加え、...

» 続きを読む

«2,500人のウクライナ人がキエフのアメリカ大使館でピケ(ビデオ) 事件報道は差し止め

お勧め

  • IWJ
    岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

ブックマーク

無料ブログはココログ